SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

編集部インタビュー

「マニュアル接客だけではオムニチャネルは回らない」 Nexal上島千鶴さんに大企業の取り組みを聞く

オムニチャネルではシステムをつなぐのもひと苦労だが、それぞれのチャネルにおける「接客姿勢」が問われるという。真の企業力が問われることになった今、大企業はどのようにデジタルマーケティングに取り組んでいるのか。Nexal上島千鶴さんにお話をうかがった。

オムニチャネルに不可欠な、カスタマーエクスペリエンス再設計

――BtoC企業の最新のダイレクトマーケティング事情を教えてください。

 バズワード的なところから入ると、やはり「ビッグデータ」の活用具体策です。CRMはもちろん、サイト上での行動やソーシャルメディアでのつぶやきなど、非構造的なリアルタイムデータも活用したマーケティング戦略を実現したいという声を聞きます。

 人によってはそれをビッグデータではなく、オムニチャネル戦略、One to Oneコミュニケーション最適化、お客さま視点でのCX、実現するためにキャンペーンマネジメントやマーケティングオートメーションなどのマーケティングプラットフォーム、DMPなど異なる言葉で表現されますが、方向性は各社さん同じです。

 企業視点でなく顧客視点で、お客様のライフサイクルやライフステージを捉えたうえで、タイミングよくアプローチしていきたいということ。実店舗の対面接客であれば自然に行われていたことですが、インターネット上でも1人ひとりに合わせた対応が技術的に可能になってきたわけです。

 これまで店舗は店舗、ネットはネットと分かれていたけれど、顧客視点から見れば、店舗でもネットでも同じブランドとして接しているのだから、もう一度顧客視点でのストレスのない買い物体験を設計し直そうと。ロイヤルカスタマの行動を分析すると、チャネルを横断してることにやっと気づいた企業さんから、やる気に火がついたんだと思います。

 横文字ではカスタマージャーニーとかカスタマーエクスペリエンス、日本語ではおもてなしなどと言われていますが、個人的にはシームレスなタッチポイント(接点)の再設計と顧客のタイミングに合わせたリアルタイムコミュニケーション設計がポイントだと思っています。

 ECサイトだけの話であれば、検索して決済するまでのユーザーエクスペリエンスの話で終わりですが、オムニチャネルのカスタマーエクスペリエンスの話になると、購入した後に宅急便を受け取る、箱を開ける、商品を使う、箱を捨てる、次に買うタイミングという一連の体験サイクルで考える必要があります。たとえば会員制度で入会が基点となれば退会手続き、その後の再入会することまで考えて設計しないといけないということです。顧客は常に循環してますから。

株式会社Nexal 代表取締役 上島千鶴さん

 カスタマーエクスペリエンス設計をし直す場合、チャネルも組織の壁も超えて、顧客と接点があるチャネルすべての対応姿勢、提供する情報など顧客の体験要素を統一化しなければなりません。それをブランディングだという人もいますが、接客姿勢にどう移すかまで具体的な指針として落とし込まないと。

 もし、すべての対応をマニュアル化して、1から10まで現場に教え込むという押し付け型のスタンスで統一していくと、たとえばトラブルが起きた時に柔軟に対応できないかもしれない。企業姿勢や思想としてどのように顧客と接していくかまで浸透させていかなくては難しいのです。

 つまり、顧客の動きを想定した上で、ウェブ、電話、それぞれのチャネルでどういう対応をするのか、そこでお客さまはどのような期待を持ちどのような体験を重ねることになるのか、です。設計し直すには、検討しなければならないレイヤーが何層にも分かれていて、どこから手を付けるかに悩んでいる企業さんが多いです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
大規模なオムニチャネル投資で、大企業が得たいもの

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
編集部インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine立ち上げ。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/912 2014/08/05 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング