記事種別

はじめての越境EC 取り組む前に知らなきゃ損! 手続きのフローと注意点をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 ここ数年、日本から海外に向けてECを利用した越境販売を始める企業が増えています。「越境EC販売を始めるにあたって押さえておきたいポイント」をご紹介する連載の第2回は、越境ECに実際に取り組もうとする人に向けて「知っておきたい注意点」をお伝えします。

 前回の記事では、越境販売でニーズがある日本の商品とその特徴について紹介しました。今回は、これから海外へ商品販売を始めようとされている方に向けて、知っておきたい注意点や実際にかかる手間などをご紹介したいと思います。

越境ECの市場規模は年々拡大 市場のポテンシャルは依然高い状況

 越境ECの市場は年々拡大しており、経済産業省が発表する「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、2018年度の中国・米国向け越境EC市場は前年比17.3%増の2兆3,583億円でした。内訳として、対中国への越境ECが1兆5,345億円、対米国への越境ECは8,283億円となっています。

 さらに今後についても、2021年までの越境EC市場規模のポテンシャルが下記のように推計されています。

出典:経済産業省「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

 ラクーンホールディングスのグループ会社で、越境ECサービス「SD export」を提供しているラクーンコマースの海外流通額も年々増えており、2019年の流通額は前年同期比31.5%となっています。

 このように越境ECへの期待が高まっていますが、実際に海外に向けて商品を販売するにはどのような手順を踏む必要があるのか、社内で対応できる環境があるのかについては、事前に把握しておく必要があります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:生の声から学ぶ 失敗しない越境EC

2018年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5