記事種別

小売を変えるかもしれない、未来へ向かうテクノロジー NRF「Retail 2020」の感想レポ

「NRF 2018」イベントレポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/02/27 08:00

 編集部では、2018年1月14日~16日までニューヨークで開催された「NRF 2018 Retail's Big Show & EXPO」を取材してきました。「Innovation Lab」という、小売に変革を起こすテクノロジーを紹介しているエリアに、未来の小売はこう変わる!という29のサービス・企業(スポンサー含む)を展示した「Retail 2020」があったので、印象に残ったところを紹介します。

未来の小売はこう変わる!革新的な5ジャンルのサービス

 「Retail 2020」は、「Awareness(認知)」「Consideration(検討)」「Engagement(エンゲージメント)」「Service(サービス)」「Post-purchase(購入後)」を切り口にいくつかのサービスを分類、同コーナーのスポンサーをあわせた29のブースで構成されていました。

Awareness(ブース:IL1~5)

 Awarenessゾーンでは5つのサービスを紹介。「Mystor-E」ブースでは、タブレットに近づくと写真が撮られ、オススメ商品でコーディネートされた自分がタブレットに投影され、おもしろかったです。

  • Glass-Media:店頭の窓ガラスのようなスペースに映像を投影。道行く人に目を留めてもらったり、商品の詳しい説明を行うのに利用できる。
  • Mystor-E:AIの活用で、実店舗に来店した消費者に、パーソナライズされた商品レコメンドをタブレット等で行う。
  • Provision:店頭に端末を置くことで、3Dホログラフィックで商品や広告を表示する。
  • Satisfi:ウェブやSNS、スマートスピーカーなど、ユーザーが望むチャネルで、リアルタイムな会話をAIにより、自然な言語で実現する。
  • Spacee:タッチスクリーン技術により、「Visual Retail」を提唱。3Dプリンタか、インクジェットのプラスチックレプリカで、シミュレーションした商品と同じサイズのものがその場で出来上がる「Simulated Reality」に人だかりができていた。

Consideration(ブース:IL6~12)

 Considerationゾーンでは、実店舗でもデジタルを活用することで、楽しませつつ情報をたくさん与えるソリューションが多かった印象。一瞬でサービス内容がわかりやすい、revieveの「デジタルビューティーアドバイザー」に足を留める人が多かった。

  • everthread:追加の写真撮影や加工なしに、さまざまな角度・活用シーンでの商品画像コンテンツを用意し、ユーザーが納得して購入できる後押しをする。
  • FINDMINE:ディスプレイ、マジックミラー、アプリなどを活用し、実店舗でもユーザー周辺にある商品の、全体像を見せることができる。
  • June20:実店舗でも、リッチなオンラインの、触覚的なグラフィックを動的に表示する。
  • revieve:買い物客のセルフィーから、デジタルで美容アドバイスするサービス。ウェブはもちろん、SNS、Amazon EChoからもコミュニケーションできる。
  • Slyce:ビジュアルサーチを提供。画像から似た商品を探したり、アイテムの写真から「黒」「レザー」「ジャケット」など検索のためのキーワードを自動で抽出する。
  • Tangiblee:他のものと比較したり、家具であれば部屋に配置してみることで、商品のサイズをよりわかりやすく、視覚的に伝える。「THE BRIDGE」にも日本語で解説した記事があります。
  • Volumental:AIと3Dスキャンにより、「靴」のパーソナライズを実現するソリューション。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2017年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5