SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「持続的な購入」を目指すCRO

中小ECのスマホショッピングアプリ、使い続けてもらうための4つのブレイクスルー

そもそも、なぜアプリなのか

 「ECで提供しなければいけないのって、商品情報と決済だけですよね。Amazonもそうでしょ。うちのテンプレートを利用すれば、ベスト・プラクティスでお安くアプリが提供できます」なんていう営業トークにだまされてはいけません。

 そんなモノをわざわざダウンロードする人はいません。

 PCの世界では、かつてインストール型のアプリばかりだったのに、すっかりウェブ型が主流になってしまいました。そこにはウェブのほうが都合の良い理由があって、大なり小なりスマホにも同じことは言えます。

 そのうえで、改めて、アプリである必要性を考えてみます。突き詰めると、以下の3項目です。

  • カメラとマイク(が持ち主に常に寄り添っている)
  • 位置情報(GPS、WiFi)
  • 加速度計(動き検知)

 GPS、カメラ、マイク、加速度計、温度計などのセンサーがユーザーの置かれている環境を感知し、気象、渋滞、SNSなどの情報を取得し、買物客の行動パターンに照らして、今どんなコンテンツを欲しているか予測します。

 そういうことを煮詰めていくと、アプリに至るのが自然な流れ。逆に言えば、そこまで煮詰めないスマホアプリは生き残れません。「KY」を長く「空気嫁」だと信じていた私が言うのもなんなのですが、「空気の読めない」アプリは不要です。

 今のところ、これらを駆使していないモール系アプリが成立するのは、何より絶対的な品揃えがあるからです。つまり、利用頻度が高いゆえであり、専門店など一小売業とはわけが違います。市井の買物客として実感するとおり、頻繁に利用するAmazonと比べて、稀にしか買物しない専門店のアプリをダウンロードする動機はないに等しいのです。

それでも、スマホアプリが席捲する

 スマホからの購入比率が上昇する以上に、アプリの利用率が飛躍的に上昇しています。冒頭で述べたとおり、アプリには大きな動機と習慣的な購買行動が約束されています。まずは、モール系のアプリがその威力を劇的に発揮し牽引しています。

 楽天市場のアプリ経由流通総額は、2015年度第4四半期で前年同期比+105.1%と、2倍以上の伸びを示しています。国内ECのそれが+10.9%(楽天トラベルを除くとおそらく横這い)に留まっているにもかかわらずです。

 本来、PC/Webとの決定的な違いは、『あそこで買った』という強い意識です。そもそも、Amazonで買ったのか楽天市場で買ったのかでさえ忘れがち。かろうじて、「Amazonで買った」ことを覚えていても、ほとんどの買物客はどの出店者から買ったなんて、後々まで覚えていません。つまり、リピータになってもらえる可能性の極めて低いのがモールであり、それはアプリも変わりません。

 そこを考えると、テナントの立場にとって、アプリのブックマーク機能には大きな意味があります。少なくとも、大家さんの考えが透けて見えます。

主要モール系アプリのブックマーク機能

マーケットプレイス Amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング
機能名 ほしい物リスト お気に入りブックマーク お気に入り
店舗 ×
商品
ブックマークまでの導線 その他メニューの中 その他メニューの中 トップにアイコン

次のページ
本店(独自ドメイン)のアプリに欠かせない突破口

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「持続的な購入」を目指すCRO連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社インフォプラス マーケティングソリューション部 シニアコンサルタント 佐藤英俊(サトウ ヒデトシ)

インフォプラスでは、カジュアル担当。衣料品産業専門ということではなく、人間が形式ばっていないという意味である。「ABテスタ」の生みの親でもあり、モノ作りや新規事業に経験が深い。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2839 2016/03/28 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング