SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

EC動向定点観測~分析編~

eコマース機能拡張は二の次?直近4年のアプデ件数・内容から2024年のGA4との向き合い方を考える

 EC事業者が押さえておきたい最新動向を、ジャンル別にお届けする「定点観測」。分析編では、株式会社プリンシプル データ解析エンジニアの似田貝亮介氏が解説します。今回は、「GA4は使いやすくなるのか?」をテーマに話を聞きました。

前回の記事はこちら

GA4は発展途上 見切りをつけるのはまだ早い

 2019年8月にGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス/UA)内に登場した「アプリ+ウェブプロパティ(App+Webプロパティ)」から端を発した、Googleアナリティクス4(GA4)への移行作業。2023年6月30日にはついにUAでの計測が終了し、どの企業もGA4でのデータ活用、分析作業を余儀なくされたが、新たな管理画面の見方や操作方法、分析指標の策定に戸惑いを感じる人も少なくはない。実際に、プリンシプルや似田貝氏のもとにも、日々相談が寄せられているという。

「事業者の方からよくいただくのは、『UAと比べると、解析フレンドリーではなく使いづらい』というお声です。確かに、主軸となる指標が変わったことで分析思想そのものが変化し、活用にハードルがあるように感じるのも理解できます。特に移行期日が決定し、『GA4に移行しなければならない』と義務感に駆られて移行した方ほど、そう感じやすいでしょう」

 UAで自社なりの使いやすい方法や分析手法を確立していたにも関わらず、その手順を踏めない。見るべき数字が見られなくなっている。入り口でマイナスな印象を抱いてしまうと、なかなか積極的に使い倒そうという気になれないのも事実だろう。こうした人々に向け、似田貝氏は「GA4の進化の遍歴」を見せてくれた。

GA4の月次リリース数(2019年~2023年)
GA4の月次リリース数(2019年~2023年)※クリックすると拡大します

「このチャートは、GA4の機能リリース数を月次で計測し、累計値を折れ線グラフにまとめたものです。2020年・2021年の曲線と、2022年・2023年の曲線が離れていることからも、UAの計測停止の時期が見え始めた頃から機能を強化する動きがより加速しているとわかります。

 つまり、GA4は進化の途上であり、まだこれから使いやすくなる余地が残されているということです。今の段階で苦手意識を持ちすぎたり、見切りをつけたりしないようにしましょう」

GoogleがGA4を生み出した理由に立ち返ろう

 UAで分析作業を円滑に進めていた人にとっては、「なぜこの数字が取れないのか」「既存作業に面倒なステップが増えた」と感じる部分もあるかもしれない。UAで収集していたデータの多くは、GA4でも探索レポートを作成したりカスタムディメンションの設定をしたりして可視化できるものだが、ルーティン業務にこうした「一手間」を加えないといけない状況は、多忙なEC担当者にとってフラストレーションがたまることも想像にたやすい。

 だが、ここは一歩引いて冷静に考えてみてほしい。ここまで高度な分析ができるツールを、私たちは今まで基本的に無料で活用できているのだ。いくら世界のITをリードするGoogleとはいえ、単なるボランティアでここまで多彩な機能を有するツールを解放するはずはない。

「GA4の特徴をとらえる上で重要なのは、『Googleは広告事業を主とした企業である』と念頭に置くことです。そもそも計測の概念を変えてまでGA4へ移行した経緯をたどると、スマートフォンの普及をきっかけに加速した『同一人物による複数デバイス利用』や、Cookie規制に行き着きます。

 セッション軸で計測するUAでは、アクセスする端末が変わったユーザーの動きまでは追いきれませんでした。実際に、あるECサイトの1年間の顧客データをもとに1人のログインユーザーがアクセスする端末の数(ID)を可視化したところ、複数端末でアクセスしているユーザーが45%いたという結果も存在します。しかし、UAではこれらを『同一ユーザー』と可視化できず、広告の精度が問われていました。そこに加わったのが、GDPR(EU一般データ保護規則)やITP(Intelligent Tracking Prevention)といった個人情報にまつわる規制強化です」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
広告担当は痛感しているはず 4年でパワーアップしたGA4の機能は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC動向定点観測~分析編~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13856 2023/12/11 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング