SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

“物流ライター”が教える EC物流キソのキソ

自社発送、物流代行、在庫管理 プロに学ぶ基礎知識と初心者が陥りがちなミスとは

 「物流」のことは、「物流のプロ」に聞く。「実はまだEC物流が掴めていない」という人はいませんか。今月から始まる当連載。物流の仕組みから現場を取り巻く社会問題まで、14年の現場経験を持つ“物流ライター”田中なおさんがEC物流における「キソのキソ」を教えます。

 初めまして。「物流ライター」の田中なおです。前職は物流会社に14年間、事務職員として勤めていました。携わっていたのは3PL。「お客様から商品をお預かりし倉庫で保管、出荷指示に基づき納品までの手配を行う」という仕事です。現在は現場の経験を基に、物流に関する情報をキャッチして企業のオウンドメディアやニュースサイトで発信しています。

 当連載では「“物流ライター”が教える EC物流キソのキソ」として、物流の視点から物流業務の基礎・コストの考えかた・外注のコツなど、押さえておきたいポイントをお伝えします。

 EC事業者にとって、物流業務は面倒で手間がかかる作業でしょう。しかし、おざなりにしているとその分、物流におけるムダやミスが貴重な時間を奪うことになるかもしれません。「物流業務の基本がわからないままなんとなく進めている」「出荷漏れや宛先間違いの誤出荷が増えてきた」。こういった悩みを抱えている方々へのヒントになれば幸いです。

物流イメージ

「自社発送」と「物流代行」 ふたつの選択肢

 「物流環境の構築」というと、何だか難しく聞こえるかもしれません。簡単にいえば「どの商品が、いくつ、どこにあるのか」を管理して、受注情報と照合のうえ出荷、お客様に喜ばれる状態で届けるまでを構築すれば良いのです。選択肢としては大きく分けてふたつ。「自社発送」「物流代行」です。

 自社発送とは、商品を自社で発送すること。注文が入ってからの受注処理・商品の準備・検品・梱包・配送手配・出荷を自ら行います。多くの場合、在庫を社内などの手元に置くため、入荷から保管業務もともないます。対して「物流代行」とは、物流業務を外部に委託することです。倉庫に商品をまとめて預け、発送までの業務を物流のプロに任せます。

 結論、まず「自社発送」で基礎知識をつけたうえで、規模に合わせて「物流代行」の活用をお勧めします。

 理由は代行業者への完全な丸投げを防ぐためです。すべての外注に共通しますが、いざ委託して問題が起こったときに実態が掴めていないと改善のしようがありません。物流代行へ委託するにしても、物流の仕組み全体を見渡す知識は必要です。

 知識をつけたうえで事業規模が大きくなってくれば、物流代行への委託を選択するのが良いでしょう。これまで物流代行の現場の携わってきた経験上、いろんなEC事業者を見てきました。片手間での自社発送は、物流代行以上に費用がかさむはず。実際、自社発送から始めたEC事業者でも、事業規模によっては「利益が取れているのだろうか」と疑問を持つほど手間がかかっていると感じていました。スタッフの採用や教育にかかる人件費や施設光熱費など、見えにくい費用も含めて比較してみてください。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
まずは「在庫管理」 自社に合ったやりかたはどれ?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

田中なお(タナカ ナオ)

 物流ライター。青山女子短期大学を卒業後、物流会社に14年間勤務。その後、2022年にフリーライターとして独立。企業オウンドメディアや物流ニュースメディアで発信活動をし、わかりやすく「おもしろい物流」を伝えている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12215 2023/01/10 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング