SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

“物流ライター”が教える EC物流キソのキソ

月に300件出荷するならシステム活用で物流を効率化!導入の効果とコストの基本を押さえる

 14年の現場経験を持つ“物流ライター”田中なおさんが、ECに役立つ知識を「物流の目線」で教える当連載。第5回目となる今回のテーマは、EC物流におけるシステム導入。富士ロジテックホールディングス 営業本部 営業開発部 部長 通販担当 西間木智さんに話を聞き、効率化とコストのバランスを探ります。

 ECにまつわる作業を効率化したいなら、システムの導入が大きな効果を発揮するかもしれません。しかし、「自社の規模でお金をかけてまでシステムを導入すべきなのか」「本当に費用対効果を発揮するのか」などと考えるうちに、ついつい検討を先伸ばしにしてしまうこともあるでしょう。

 今回はシステムの導入について、ECの物流代行サービスを提供している株式会社富士ロジテックホールディングス 営業本部 営業開発部 部長 通販担当 西間木智さんに、話を聞きました。システム利用者側からのフラットな視点を参考に、どんな事業者がどんなシステムの導入を進めるべきか考察します。

物流システムの代表、OMSとWMS

 そもそもEC物流は、注文があった数点の商品をピッキングして梱包、発送の流れを繰り返す作業です。梱包作業や送り状の作成など、1件あたりに多くの工数が発生します。

 なるべく負担を減らすため導入を検討したいシステムが、「OMS(注文管理システム)」「WMS(倉庫管理システム)」です。

 OMSは、自社ECサイトだけでなく、複数のモールで商品を販売しているEC事業者に便利なシステム。各種ECモールや自社ECサイトが保有しているバラバラのデータを、OMS内で1つにまとめて管理できます。

 たとえば、100個在庫がある商品が楽天市場で1つ売れたとします。その際、Amazonなどの他店舗やShopifyなどで構築した自社ECサイトの在庫データを、手動で99個に減らす作業が発生します。この動作が自動化されるのです。

 お届け指定日時、入金管理、配送方法、備考コメントなども1画面でチェックでき、多店舗運営でエラー以外の受注管理は、ほぼ自動化できるといっても良いです。

 WMSは、在庫管理をするシステムです。商品保管場所の管理(ロケーション管理)、ハンディターミナルを使った目視に頼らないピッキング・検品、納品書やラベルなどの出力の簡易化などができます。

 Excelでフォーマットに合わせてデータを加工していく作業や人の能力に頼った作業の削減が、人件費やミスの減少、業務標準化の鍵です。多くの事業者に、OMSとWMSが導入されています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
システムの導入を検討すべき月間出荷数は300件~500件

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
“物流ライター”が教える EC物流キソのキソ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

田中なお(タナカ ナオ)

 物流ライター。青山女子短期大学を卒業後、物流会社に14年間勤務。その後、2022年にフリーライターとして独立。企業オウンドメディアや物流ニュースメディアで発信活動をし、わかりやすく「おもしろい物流」を伝えている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12775 2023/05/16 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング