SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

今さら聞けないEC知識

カテゴリ別おすすめBASE Apps15選!ショップ開設後の基本編

 BASEには、ネットショップのデフォルト設定からカスタマイズを可能にする拡張機能Appsが豊富にある。ネットショップを初めて開設する初心者をはじめとして、ほかのプラットフォームで売上を上げているという中・上級者までをカバーする機能を数多く揃えている。ここでは、ネットショップを初めて開設する人を対象に、カテゴリ別おすすめの無料BASE Apps15選を紹介する。

BASE Appsとは?何ができるのか?

 BASE Appsとは何か、何ができるのかから始めよう。BASE Appsとは、BASEでネットショップを始める際の初期設定では実装されていない機能を、Appsをインストールすることにより追加できる拡張機能だ。何ができるかはそれぞれのAppsによる。まずは、2種類のBASE Appsと10のカテゴリを紹介しよう。

2種類のBASE Appsと10のカテゴリ

 BASE Appsには、「Official Apps」と「Connect Apps」という2種類がある。両者の違いは、BASE独自のAppsか否かだ。

  • Official Apps:BASEが独自に開発したApps
  • Connect Apps:BASEが他企業と提携したApps

 10のカテゴリは次のとおり。

ショップルール ショップ運営上のルールを設定
商品ルール 販売方法や期間の設定
ショップをデザインする ショップページの編集
商品の準備・作成 オリジナル商品の制作
お客様を集める SNS連携や広告、SEO、ブログなど
売上を向上させる セール、クーポン配布、レビューなど
ショップの課題を分析する タグ設定やアクセス解析
ショップ運営を効率化する データのダウンロード、発送代行サービスとの連携など
お金を管理する 会計ソフトとの連携など
その他 ショップのコミュニティ作成など

 2022年7月時点で、10カテゴリに85個のAppsがある。次に、初心者におすすめの無料BASE Apps15選をカテゴリ別に見ていこう。

カテゴリ別おすすめの無料BASE Apps15選

 BASEでネットショップを開設すると、運営に必要なひと通りの機能は備えられている。しかし、使い勝手をよくするには、BASE Appsのインストールが必要だ。全85個の中から、最初に導入しておきたいおすすめの無料BASE Apps15選を紹介しよう。

ショップルール

 ショップルールのカテゴリからは、次の3つをおすすめする。

  • 配送日時設定:無料(Official Apps)
  • 送料詳細設定:無料(Official Apps)
  • 商品検索:無料(Official Apps)

 配送日時設定をインストールすると、配送日時の設定が可能になる。ネットショップは配送可能日や時間、休日を設定でき、お客様は配送希望日時を選択できるようになる。ギフト商品を取り扱っている場合、記念日に届けたいというニーズがあるため欠かせない。近年のネットショップには必須の機能だ。

 送料詳細設定では、送料を商品単位で設定できる。具体的には、国ごとや国内の地域別、または一律などだ。ひとつの商品に通常の送料と追跡・保険料などを含めた別料金を設けることも可能になる。

 ショップ内のキーワード検索ができるようになるのが、商品検索だ。商品やサービスが少なく、ひと目で確認できるうちはいいかもしれないが、スマホで何回もスクロールするようなら入れておくことをおすすめする。

商品ルール

 商品ルールのカテゴリからは、次のふたつだ。

  • カテゴリ管理:無料(Official Apps)
  • ラベル:無料(Official Apps)

 カテゴリ管理は、商品やサービスのカテゴリを最大3段階まで設定できる。大カテゴリと中カテゴリ、小カテゴリだ。取扱商品やサービスが多い場合には、お客様が希望のものを見つけやすくなる。探しにくい、または探せなかったという理由で受注の機会を逃してしまうのはもったいない。

 ラベルとは、商品画像にラベルを貼れるようになる機能だ。「Sale」「New」「Hot」などのテキストと丸や星などの形を組み合わせてラベルを作成し、表示できる。新しい商品やセール中の商品に注目してもらいたいときにはもってこいだ。

ショップをデザインする

 ショップデザインのカテゴリからも、ふたつおすすめしたい。

  • ショップロゴ作成:無料(Official Apps)
  • ページ追加:無料(Official Apps)

 ショップロゴ作成をインストールすると、ショップのオリジナルロゴが作成できるようになる。日英20種類のフォントがあり、サイズとカラーも調整できる。自分のブランドを作り育てていきたいなら、オリジナルロゴを使用することをおすすめする。

 ショップページを拡充したいなら、ページ追加を使おう。商品やサービスの販売ページはもちろんのこと、よくある質問や問い合わせ、ブランドの説明、商品やサービスの特徴、素材へのこだわり、運営者の挨拶など、ネットショップ運営に欠かせないコンテンツを新たなページに追加できる。ページ内のレイアウトも自由に変更可能だ。

お客様を集める

 集客カテゴリからおすすめしたいのもふたつだ。

  • SEO設定:無料(Official Apps)
  • Blog:無料(Official Apps)

 SEO設定をインストールすると、お客様がネット検索する際に商品やサービス、ショップを見つけやすくなる。ページごとに検索キーワードやページ説明を設定可能だ。

 Blogを追加すると、ショップ内でBlogの作成や公開ができるようになる。Blogの記事に商品へのリンクを埋め込んだり、SNSと連携の上Blogを拡散させたりすることで、SEO施策を強化することも可能だ。上記のSEO設定と合わせて利用すれば、相乗効果が見込める。

売上を向上させる

 売上向上のカテゴリからおすすめしたいのもふたつだ。

  • クーポン:無料(Official Apps)
  • Instagram販売:無料(Connect Apps)

 クーポンで追加できるのは、割引・値引きのクーポンの発行だ。期間限定や先着順、1人1回制限、最低購入金額(〇円以上購入の場合)、クーポン名などが設定できる。

 Instagram販売では、BASEとInstagramとを連携できる。Instagramの投稿に商品やサービスをタグづけし、BASEの商品ページへと直接誘導可能だ。

ショップ運営を効率化する

 運営上のルーティンワークはできる限り効率化していこう。このカテゴリからは4つおすすめする。

  • メッセージ:無料(Official Apps)
  • 送り状データダウンロード:無料(Official Apps)
  • 納品書ダウンロード:無料(Official Apps)
  • 売上データダウンロード:無料(Official Apps)

 メッセージをインストールすると、ショップ内でお客様とチャットできるようになる。問い合わせへの回答がスピーディーになるのでおすすめだ。

 データダウンロードのうち送り状と納品書のふたつはどちらも、必要なデータをダウンロードの上、一括印刷ができる。発送業務の効率化が可能だ。売上については、CSV形式でダウンロードできるため、手持ちのアプリやソフトに取り込んで経費管理や利益分析に利用可能となる。

新しいアプリに驚く女性

 このほかにもBASEにはまだ70ものAppsがある。随時追加されるので、ますます増えていくことだろう。現時点での一覧を示すので、気になるものがあったらチェックしてみよう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
今さら聞けないEC知識連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EC研究所(イーシーケンキュウジョ)

ECについての情報を調べ、まとめてお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11613 2022/08/13 00:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング