記事種別

リアルでも進むLINE活用 中小にも広がるか

定点観測05 LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。LINE関連サービスのPR担当の皆さんに聞きました。※本記事は、2018年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.07』に掲載したものです。

LAP、プラットフォーム刷新 SMBに注力

 まずは運用型広告「LINE Ads Platform(LAP)」について。8月に配信プラットフォームの大幅刷新を発表し、現在順次移行を進めている。

「新システムでは、アカウント構造を見直したり、管理画面UIを刷新することで、最適な広告配信を実現します。利用データの計測などを行う『LINE Tag』により、LINEが保有しているユーザーデータを最大限活用した広告配信が行えるようにしていきます。さらに、ダイナミック広告(DPA)や自動入札機能の提供により、広告費用対効果(ROAS)を最大化するようなプラットフォームを目指していきます」

 なお、LINEサービス内の購買データ活用や、LINEの法人向けアカウント広告とのターゲティング連携による自動配信も視野に入れているとのこと。

 店頭販促ソリューション「LINE Sales Promotion」では、新しいメニューがふたつ登場。ひとつめは「LINEサンプリング」「LINEマイレージ」「LINEインスタントウィン」などのオプションとして実施できる「ビデオオプション」機能だ。

「キャンペーンの応募直後から抽選結果が出るまでの間に、動画を配信できるというものです。当落2種類の動画のほか、最大60秒までの動画を配信できるため、単に当落を伝えるだけでなく、ブランド認知やコミュニケーションの場として使っていただけます」

 さらに、新たなキャンペーンプラットフォームとして、「LINEオープンキャンペーン」の提供も始まった。

 「応募ボタンを押すだけで誰でも簡単に参加でき、応募時にタイムラインシェアを促すこともできるので、タイムラインを起点とした大規模拡散が可能です。シーズン企画として、12月から「クリスマス福袋」キャンペーンを実施します。過去に同プラットフォーム上でのキャンペーンを実施したところ、最大約500万UUの参加実績があり、今回も同規模の集客・リーチ獲得を見込んでいます。ビデオオプションと組み合わせることができるほか、応募すると友だち追加も行われるため、後追い施策も可能です」

 最近のLINEの法人向けサービスは、リアルな場の活用も含めた大企業の事例が目立っているがSMB(中小企業)に注力するため、10月に福岡に営業拠点を設立している。子会社のLINE Fukuokaに営業部隊を置き、SMB領域への拡販を目指すとのことだ。

この続きは、紙の雑誌『季刊ECzine』のご購読者様のみ閲覧いただけます。
ご購読者様は、ログイン後すぐにウェブ上でこの続きを閲覧いただけます。

『季刊ECzine』とは

6月、9月、12月、3月と年に4回お届けする定期購読誌です。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。

  • プレミアム記事が読み放題
  • 読者限定イベントにご招待
  • ECzine Academy 20%オフ

季刊『ECzine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.07 定点観測

もっと読む

2018年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5