SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

新型コロナ、繊維・繊維製品・服飾品卸売の9割が「自社の業績にマイナスの影響」/帝国データバンク調査

 帝国データバンクは、新型コロナウイルス感染症に対する企業の見解について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2021年8月調査とともに行った。

業績にマイナスを見込む企業は、73.7%と3カ月ぶりに増加

 新型コロナウイルス感染症により自社の業績にどのような影響があるか尋ねたところ、『マイナスの影響がある』(「既にマイナスの影響がある」と「今後マイナスの影響がある」の合計)と見込む企業は73.7%(前月比4.4ポイント増)となり、3カ月ぶりに増加に転じた。

 一方で、『プラスの影響がある』(「既にプラスの影響がある」と「今後プラスの影響がある」の合計)は4.1%(同1.5ポイント減)、「影響はない」は16.7%(同3.4ポイント減)となった。

新型コロナウイルス感染症による業績への影響

 業種別にみると、『マイナスの影響がある』と見込む企業は、「繊維・繊維製品・服飾品卸売」が92.0%で最も高く、「売り上げはダウンしている。デパートやショッピングモールが閉鎖や時短に追い込まれていることや、消費者の新たな商品購買意欲が削がれていることが原因である」(織物卸売、大阪府)といった厳しい見方が広がっている。次いで、「旅館・ホテル」(91.1%)、「医薬品・日用雑貨品小売」(90.9%)、「飲食店」(90.2%)が9割台となった。

  他方、『プラスの影響がある』と見込む企業は、「教育サービス」が28.1%で3割近くとなった。以下、「放送」(22.2%)、「各種商品小売」(15.9%)、「電気通信」(12.5%)が上位に並んだ。企業からは「新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要で売り上げは伸びているが、先行きは不透明」(惣菜製造、栃木県)といった、需要の拡大がありつつも先行きを不安視する声も聞かれる。

業績に『マイナス』・『プラス』の影響がある割合上位10業種

企業の約7割が1年後の仕入れ単価の上昇を見込んでいる

 現在、新型コロナウイルスの動向ほか、金属や木材、半導体などの材料不足や原油価格の高騰など企業の取り巻く環境に厳しさがみられる。そのようななか、現在から1年後の仕入れ単価をどのように見込んでいるか尋ねたところ、1年後の仕入れ単価が『上昇すると見込む』(「非常に上昇すると見込む」「上昇すると見込む」「やや上昇すると見込む」の合計)企業は69.2%と約7割にのぼった。とりわけ「やや上昇すると見込む」(45.2%)は4割超となった。他方、『低下すると見込む』(「やや低下すると見込む」「低下すると見込む」「非常に低下すると見込む」の合計)企業は6.2%、「変わらない」は24.6%であった。

 また、1年前から現在の仕入れ単価をみると『上昇した』(「非常に上昇した」「上昇した」「やや上昇した」の合計)とする企業は54.9%、『低下した』(「やや低下した」「低下した」「非常に低下した」の合計)とする企業は3.4%、「変わらない」は41.7%であった。多くの企業で今後も仕入れ単価の上昇は継続すると見込んでいる。

仕入れ単価の動向

1年後の販売単価の上昇を見込む企業は、約4割にとどまる

 同様に1年後の販売単価をどのように見込んでいるか尋ねたところ、『上昇すると見込む』企業は42.8%、『低下すると見込む』企業は14.6%、「変わらない」は42.6%となった。また、1年前から現在の販売単価をみると『上昇した』とする企業は23.4%、『低下した』とする企業は11.4%、「変わらない」は65.2%であった。

 1年後の仕入れ単価が上昇すると見込む企業(69.2%)と1年後の販売単価が上昇すると見込む企業(42.8%)を比較すると、25ポイント以上の差が生じており、販売価格への転嫁が難しい様子がうかがえた。

販売単価の動向

 特に業界別にみると、『農・林・水産』『建設』『製造』『運輸・倉庫』の4業界においては、それぞれ30ポイント以上の差が生じている。

 企業からは、「アパレル業界は、仕入れ単価の上昇を適正に加工賃に反映できない業界だと考えている。川下の意識を変えないといけないと思う」(ニット・レース染色整理、福井県)や「新型コロナウイルスの影響で仕入れ単価の高騰が予想されるため大型物件は工期が長くなるので避けている」(冷暖房設備工事、兵庫県)などの声があがった

 本調査の調査期間は2021年8月18日~31日、調査対象は全国2万4,458社で、有効回答企業数は1万1,170社(回答率45.7%)。なお、新型コロナウイルス感染症に関する調査は、2020年2月から毎月実施し今回で19回目。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9644 2021/09/10 03:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング