SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

ヤマト運輸、EC商品返品時の利便性向上に向けてEC事業者向け「デジタル返品・発送サービス」を開始

 ヤマト運輸は、EC商品の返品時における利用者の利便性向上に向け、Doddle Parcel Services Ltdが提供する返品システムとヤマト運輸の配送ネットワークを連携させた、EC事業者向け「デジタル返品・発送サービス」を開始した。

 また、ファーストユーザーとして、ギャップジャパンが運営する「Gap」「Banana Republic」の公式オンラインストアで同サービスの利用を開始。

 同サービスでは返品手続きや業務をデジタル化することで、従来発生していた利用者による電話での返品依頼や伝票作成の手間などの返品手続きを簡便化するとともに、最寄りの宅急便センターやオープン型宅配便ロッカーのPUDOステーション、一部のコンビニエンスストアなどから伝票レスでの返送が可能になる。EC事業者においては、返品処理時に発生する業務が効率化され、また、返品受付サイトの構築を含めたパッケージでのサービス提供となるので、初期コストを抑えて短期間でサービスを開始することができる。

利用方法

  1. EC事業者は、利用者が返品手続きをする際に情報入力を行う各項目やサイトのデザインなどを設定し、返品受付サイトを構築
  2. 返品受付サイトのURLを、ECサイト内や納品書、返品を希望された利用者に送付するメールなどに記載して案内
  3. 利用者は、EC事業者から案内された返品受付サイトのURLにアクセスし、注文番号とメールアドレスを入力。案内に従って、購入した商品の受取日や返品理由、名前や住所など必要な情報を登録
  4. 次に発送方法を、発送可能な店舗などへの「持ち込み」もしくは「自宅集荷」から選択
  5. 返品受付が完了すると二次元コード付きのメールが送付される。「自宅集荷」を選択した場合は、二次元コードなしのメールとなる
  6. 荷物を梱包し、該当場所で二次元コードを提示して返品手続きを行う。「自宅集荷」の場合は、セールスドライバーが集荷をし、印字済みの配送伝票を貼り付ける
  7. EC事業者は、利用者の入力情報を管理画面から確認し、返品処理を行う

 同サービス利用によるメリットは、次のようなものがあるという。

返品する利用者

  • ウェブ上で返品手続きが可能になる
  • 店舗で二次元コードを提示するだけで、伝票を手書きで記入する必要がなくなる
  • 自身の都合の良い時間に、最寄りの店舗などから商品を返品可能

EC事業者

  • 利用者が手続きをする返品受付サイトを容易に構築でき、短期間でサービス導入が可能
  • 利用者側で返品に必要な情報を入力するため、返品受付の入力業務や伝票印字などの負荷軽減が図れる
  • 返品予定情報がデジタルデータ化されることで、返品荷物の到着前に業務量の把握できる
  • 利用者の生活スタイルに合わせた返品対応が可能となり、顧客満足度向上につながる

 今後も両社で連携し、返品領域における物流のデジタル化を加速させ、EC事業者、利用者、物流事業者にとってより付加価値の高い「ECエコシステム」構築に向けた取り組みを進めるとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9519 2021/08/29 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング