記事種別

AdobeアプリケーションとContentservが統合 デジタルアセットのランタイム同期が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/10/30 12:00

 商品体験プラットフォームプロバイダーのContentservとデジタルマーケティングソフトウェア製品プロバイダーのアドビは、Adobe Creative Cloudコネクタを介したAdobe Creative CloudライブラリとContentservの統合を発表した。これにより、AdobeアプリケーションとContentservデジタルアセット管理(DAM)ソリューション間のデジタルアセットのランタイム同期が可能になる。

 Adobe Creative Cloudは、Photoshop、XD、InDesign、Illustratorなど、画像、グラフィックデザイン、ビデオ編集用に広く使用されている一連のデスクトップおよびモバイルアプリとサービスを提供。Adobe Creative CloudライブラリAPIを使用すると、クリエイティブチームは、ブランドの中心的要素、画像、メディアデータ、およびすべてのAdobeアプリケーションで使用できる高解像度のアセットを含むAdobe Stockにアクセスできる。

 これまで、Creative Cloudライブラリを介した DAMシステムと幅広いAdobeアプリケーション間のシームレスな同期や統合は不可能だった。処理されたアセットと、一元的なDAMシステムでの該当バーションを同期するには、膨大な量の手作業を要するほか、アセット更新においてエラーが発生しやすく、管理が非常に困難だった。この課題を解決するために、アドビはアプリケーション プログラミング インターフェース(REST API)を介してCreative Cloud ライブラリを公開し、外部DAMシステムとの連携を可能にした。

 デザイナーがAdobeアプリケーションを使ってデジタルアセットで作業している間、修正されたバージョンは自動的にContentserv で更新される。したがって、Adobeアプリケーション、Microsoft WordおよびPowerPointを使用している人は誰でも、アセットを変更または修正でき、Contentserv DAMに間違いなくその変更が反映されるという。

 Adobe Creative Cloudコネクタを活用することで、高品質なデジタルアセットの更新・管理を最適化し、最新のバージョンで作業および保存できるようになるため、正確なデジタルアセットの利用とブランドの一貫性を維持できるとのこと。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5