SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

アマゾンがアイルランドで1,000人の新規雇用創出、経済回復支援の一助に 新規キャンパス建設に投資も

 アマゾン社は、今後2年間にわたり1,000人の正規雇用を創出する計画を発表した。新たに設けられる高技能職は同社のコーク県とダブリン県にあるブランチャーズタウン、タラ、ダブリン市中心部およびダブリン県北部の拠点に配置される予定で、同社のアイルランド国内正社員総数は今後2年間に5,000人に引き上げられるという。新型コロナウイルス感染拡大後のアイルランドの経済回復支援の一助となると大いに期待される。

 新規採用職種は、ソフトウェアエンジニア、ネットワークエンジニア、システムエンジニア、光ネットワーク開発エンジニア、データベースエンジニア、DevOpsエンジニア、サポートエンジニアに加え、データセンター技術者、機械エンジニア、電気技師、ソリューションアーキテクト、セキュリティ専門家、ビッグデータ専門家、技術系・非技術系プログラム管理者、アカウントマネージャーと多岐にわたる。さらに、アマゾン社とアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)でも、幅広い技術管理職や最高幹部職の雇用機会が提供される。

 同社は新規雇用に加え、シャールモントスクエアで17万平方フィートの新規キャンパス建設に投資するとのこと。同キャンパスは、増え続けるAWSクラウドコンピューティング担当職の拠点として、2022年9月に開設予定。2020年9月には、アイルランド国内で同社初の風力発電事業が始動する。コーク県のエスク風力発電所は、アマゾン社の再生可能エネルギー事業で、アイルランドの配電網にクリーンエネルギーを供給する。また、これは事業活動からの二酸化炭素排出を2040年までにゼロ化する同社目標の一環として、グローバル事業の電力供給を2025年までに100%再生可能エネルギーに切り替えるとした誓約に沿ったものだという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/8180 2020/08/07 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング