記事種別

非対面配送の実証実験で再配達7割削減に 宅配バッグOKIPPA、95%の配送員が普及希望と回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/05/21 06:00

 置き配バッグとスマートフォンアプリを使った物流システム「OKIPPA(オキッパ)」を提供するYper(イーパー)は、八尾市グリーン交通・配送推進協議会と実施した物流における再配達削減とCO2削減を目的とした実証実験について、配送員アンケートなどの詳細をまとめた報告書を発行した(速報値は3月に発表済み)。

 OKIPPAは煩雑な再配達受け取りを不要にする吊り下げ式簡易宅配ボックス。不在中だけでなく在宅時でも、非対面で荷物の受け取りが可能となっている。

実証実験によるアンケート結果(平均回答数:532)

 同サービスによって平均で7割以上の再配達を削減することに成功。やむを得ず再配達となってしまった割合は期間全体を通して平均12.57%と、全国平均の16%(国交省調べ)を大きく下回る結果となった。また、週を追うごとに同サービスの活用率が上がり再配達率が下がった。

配送員アンケート結果(回答数:54)

 配送員アンケートによると、40.8%が同サービスの利用によって配達にかかる作業時間が減り、44.4%が配送に伴う心身の疲れやストレスが減少したと回答した。

 また、配送員の88.9%が同サービスによる再配達の削減効果が期待できると回答し、94.5%が同サービスの普及を希望した。

実証実験概要

  • 場所:大阪府八尾市全域
  • 期間:2020年1月20日(月)~2020年2月16日(日)
  • 対象:簡易宅配ボックスOKIPPAを無償配布した724世帯
  • 方法:対象者の宅配による荷物の受け取り状況をアンケート調査(1週間ごと計4回)、配送員へのアンケート調査(実験終了後1回)
実証実験参加者の属性


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2020年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5