記事種別

「買い物は3日に1回」要請後、1レシートあたり合計金額137円増/CODE for Business

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/05/12 05:00

 サーチ・アンド・イノベーションは、運営する「家計簿アプリCODE」に登録されたレシートと商品バーコード情報をもとに、4月23日(東京都から“買い物は3日に1回程度に”という外出自粛要請が出た日)を境とした前後1週間の買い物データを調査した。

 買い物自粛要請前期間(2020年4月16~22日)と買い物自粛要請後期間(24~30日)の各1週間の買い物日数を比較すると、1週間の平均買い物日数は、要請前3.25日、要請後は3.17日と変化は小さく、1週間に4日以上買い物した人がむしろ微増していることがわかる。

 同期間の買い物回数を比較すると、1週間の平均買い物回数は、要請前6.25回、それに対し要請後は6.12回と微減にとどまった。0回の人数が少し増え、20回以上の人が少し減っているのを、調査元では要請の影響かもしれないと見ている。

 買い物した時間帯を比較すると、要請後のほうが要請前と比較して、9時〜14時台が増加、一方17時以降の減少が顕著に。

 買い物したレシート1枚における商品点数を比較すると、要請前5.68点、それに対し要請後は5.80点と増加。買い物回数を抑えようとする影響が出たかと調査元では分析している。

 レシート1枚における合計金額を比較すると、要請前1,695円、それに対して要請後は1,832円と、1レシートにおける金額は137円増加した。

 各1週間の購入された商品カテゴリTop30を比較した。買い物自粛要請前からの巣ごもり消費で内食需要は元々高かったものの、要請後は買い物する日数を抑えるためか、「農産物」が大幅にプラス、また手軽に調理できる「生麺・ゆで麺」や、免疫力を高める食材として取り上げられた「納豆」「豆腐」等が増加した。

 本調査は、4月23日を境とした前後1週間(2020年4月16~22日、24~30日)の、東京都の消費者のうち12,119人(2020年2月から4月まで毎月1回以上、買い物登録をしている東京都のCODEユーザー)を対象に実施した。

 CODEとは、買い物のレシートと購入商品のバーコードをスキャンすることで、各種提携ポイントに交換可能なポイントが当たるスマートフォンアプリ。買い物登録とは、CODEアプリでレシートと購入した商品のバーコードをスキャンして登録すること。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5