記事種別

凸版印刷とNECネクサ、新たな画像認識サービス「ToruSil」を共同開発 店舗の人手不足解消に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/10/31 12:10

 凸版印刷とNECネクサソリューションズは、スマートフォンやタブレットなどで撮影した画像を認識し、事前に登録してある画像データの中から一致する画像を分析判定するサービス「ToruSil」を共同開発。本日より提供を開始する。

 「ToruSil」は、撮影した画像の認識、分析、判定を簡単かつ短時間で実行できるサービス。画像に付随する情報の提供も可能なため、対象物を撮影するだけで詳細情報へのアクセスや関連商品の紹介、カタログ・資料などのダウンロード、決済システムとの連携によるECサービスなどを実現し、説明員や店員の業務負荷を低減することができる。また、多言語表示も可能となり、訪日外国人観光客への対応も行うことができる。

 両社は、少子高齢化による人手不足や働き方改革、多言語対応という社会課題に対し、互いの持つソフトウェアの開発実績や画像認識のノウハウを活かし、同サービスを開発。また、凸版印刷の「IoA仮想テレポーテーション」を活用した「IoAネック」と組み合わせることで、時間の制約や、身体的な制約により遠方まで行けない人でも、参考資料を参照しながらの施設見学や商品を見比べながらのショッピングなどを可能にする。

 凸版印刷は、「ToruSil」を活用したコミュニケーションサービスと「IoA仮想テレポーテーション」の組み合わせによる遠隔ソリューションを、流通小売業や教育、観光、企業販促支援分野での導入を進め、2025年度までに50億円の売り上げを目指す。

「ToruSil」の特徴

QRコードや専用のリーダーが不要

 印刷物やパッケージをスマートフォンやタブレットなどで読み取り画像の分析判定を行うため、QRコードや専用マーカーを埋め込んだり掲示したりといった作業が不要。また、スマートフォン・タブレット・PCなど、普段使用している端末から利用が可能なため、専用のリーダー端末の導入も不要となっている。

クラウド上で動作するアプリケーションのため、簡単に導入可能

 「ToruSil」はクラウドで動作するアプリケーションとなり、普段利用しているウェブブラウザから利用することが可能となっている。また、アプリケーションAPIを提供するため、既に使用しているシステムやスマートフォンアプリに組み込んでの利用もできる。

独自のアルゴリズムにより、画像の特徴量をデータベース化し、素早い分析速度を実現

 一般的な画像認識サービスでは、撮影された画像を膨大なデータベースのなかから総当り的に分析・類推を行うため処理に時間がかかっていたが、「ToruSil」は独自アルゴリズムにより画像の特徴量を算出、データベース化を行うため、処理時間が短く素早いレスポンスが可能となっている。

多言語で情報表示が可能

 事前に多言語で情報を登録することで、日本語以外の情報表示が可能となる。これにより、訪日外国人観光客への対応も「ToruSil」で行うことができる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2020年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5