記事種別

2018年度アパレル関連企業倒産、「小売業」が前年度比3.5%増の149件に[帝国データバンク]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/06/11 10:15

 帝国データバンク、アパレル関連企業の倒産動向調査結果を発表した。

 アパレル関連企業の2018年度の倒産件数は、前年度比7.7%減の252件と3年連続で減少したが、負債総額は同5.7%増の382億9,200万円で、2年連続で増加にある。

 負債規模別にみると、「10億円以上50億円未満」の倒産が前年度比で倍増となる9件発生。

 業態別にみると、「小売業」の倒産が前年度比3.5%増の149件と2年連続で増加。大型倒産が複数発生したことで、負債総額は同117.2%増の201億8600万円と2倍以上に増加した。

 本調査は、負債額1,000万円以上の法的整理を対象とし、カバンや靴、アクセサリーなどの服飾雑貨を扱う企業は含まない。2016年4月に続き5度目となる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2019年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5