SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

アジア10都市でのショールーミングとウェブルーミングの経験者は約8割/トランスコスモス調べ

 トランスコスモスは、昨年に引き続き、アジアにおけるオンラインショッピングの利用実態と越境ECへの関心を探ることを目的として「アジア10都市オンラインショッピング利用調査 2019」を実施した。この調査は、東京を含むアジア10都市におけるオンラインショッピング利用者3,200人を対象とし、都市の特徴やアジアに共通する傾向を明らかにしているものである。

 今回は、実店舗で商品を確認してあとからその商品をオンラインで購入する「ショールーミング」と、オンラインショップで商品を確認してその商品が置いてある実店舗で購入する「ウェブルーミング」の実情を探った。

 調査結果の主な概要は下記のとおり。

「ショールーミング」と「ウェブルーミング」の経験者は8割

アジア10都市の回答者に、ショールーミングとウェブルーミングを行う頻度についてそれぞれ尋ねたところ、ショールーミングとウェブルーミングの経験を持つ回答者の割合は共通して約8割で、「頻繁にしている」割合も約2割を占めている。

ショーミングとウェブルーミングを行う理由についてそれぞれ尋ねたところ、ショールーミングは「店舗で実際に見たり触ったりすれば安心だから」と「同じ商品でも実店舗よりネットが安い場合があるから」の回答が多く、また、ウェブルーミングについては「ネットで評判やレビューを確認すれば安心だから」や「ネットの方が欲しい商品を探しやすい場合があるから」などが上位にあがった。

都市別で、ショールーミングとウェブルーミングの経験を比較すると、東京を除くアジア都市では積極的に両方を行っている。経験割合をみていくと、東京ではショールーミングが 62%、ウェブルーミングが 51%のところ、他のアジア都市ではそれぞれ70%~90%台となった。

アジア9都市平均、オムニチャネルショッパーの割合は東京の2倍以上

ショールーミングとウェブルーミングの両方を行っている利用者(オムニチャネルショッパー)の比率は東京が32%にとどまるのに対して、ほかのアジア9都市は70%~80%台(平均77%)となった。

調査の概要

  • 調査手法:グローバルパネルを利用したオンライン調査、現地語によるアンケート調査
  • 調査地域:日本(東京)、中国(上海)、台湾(台北)、インドネシア(ジャカルタ)、シンガポール(シンガポール)、タイ(バンコク)、マレーシア(クアラルンプール)、ベトナム(ハノイ)、フィリピン(マニラ)、インド(ムンバイ)の10の国と地域、計10都市
  • 調査対象者:10歳から49歳の男女、直近1年以内のオンラインショッピング利用(購入)経験者
  • 回収サンプル:320x10都市、計3,200サンプル
  • 調査実施期間:2018年12月~2019年1月

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/6528 2019/03/19 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング