記事種別

アジア10都市でのショールーミングとウェブルーミングの経験者は約8割/トランスコスモス調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/03/19 08:00

 トランスコスモスは、昨年に引き続き、アジアにおけるオンラインショッピングの利用実態と越境ECへの関心を探ることを目的として「アジア10都市オンラインショッピング利用調査 2019」を実施した。この調査は、東京を含むアジア10都市におけるオンラインショッピング利用者3,200人を対象とし、都市の特徴やアジアに共通する傾向を明らかにしているものである。

 今回は、実店舗で商品を確認してあとからその商品をオンラインで購入する「ショールーミング」と、オンラインショップで商品を確認してその商品が置いてある実店舗で購入する「ウェブルーミング」の実情を探った。

 調査結果の主な概要は下記のとおり。

「ショールーミング」と「ウェブルーミング」の経験者は8割

アジア10都市の回答者に、ショールーミングとウェブルーミングを行う頻度についてそれぞれ尋ねたところ、ショールーミングとウェブルーミングの経験を持つ回答者の割合は共通して約8割で、「頻繁にしている」割合も約2割を占めている。

ショーミングとウェブルーミングを行う理由についてそれぞれ尋ねたところ、ショールーミングは「店舗で実際に見たり触ったりすれば安心だから」と「同じ商品でも実店舗よりネットが安い場合があるから」の回答が多く、また、ウェブルーミングについては「ネットで評判やレビューを確認すれば安心だから」や「ネットの方が欲しい商品を探しやすい場合があるから」などが上位にあがった。

都市別で、ショールーミングとウェブルーミングの経験を比較すると、東京を除くアジア都市では積極的に両方を行っている。経験割合をみていくと、東京ではショールーミングが 62%、ウェブルーミングが 51%のところ、他のアジア都市ではそれぞれ70%~90%台となった。

アジア9都市平均、オムニチャネルショッパーの割合は東京の2倍以上

ショールーミングとウェブルーミングの両方を行っている利用者(オムニチャネルショッパー)の比率は東京が32%にとどまるのに対して、ほかのアジア9都市は70%~80%台(平均77%)となった。

調査の概要

  • 調査手法:グローバルパネルを利用したオンライン調査、現地語によるアンケート調査
  • 調査地域:日本(東京)、中国(上海)、台湾(台北)、インドネシア(ジャカルタ)、シンガポール(シンガポール)、タイ(バンコク)、マレーシア(クアラルンプール)、ベトナム(ハノイ)、フィリピン(マニラ)、インド(ムンバイ)の10の国と地域、計10都市
  • 調査対象者:10歳から49歳の男女、直近1年以内のオンラインショッピング利用(購入)経験者
  • 回収サンプル:320x10都市、計3,200サンプル
  • 調査実施期間:2018年12月~2019年1月


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5