記事種別

10代が洋服を買うECは「Amazon」、20代は「ZOZOTOWN」(ジャストシステム調査)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/03/28 15:30

 ジャストシステムは、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年2月度)」の結果を発表した。なお本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象に、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用し実施された。調査結果の概要は以下の通り。

フリマアプリ「ラクマ」の利用率が約2割に増加

インターネットオークションなどのCtoCサービスの利用率は「ヤフオク!」が最も高く(49.4%)、次いで「メルカリ」となった(38.3%)。今年2月に「フリル」と統合した「ラクマ」も、今年1月の13.1%から19.0%に利用率が増加した。

10代が洋服を買うECサイトは「Amazon」、20代は「ZOZOTOWN」

洋服などを購入する際に最も利用されているECサイトは、「楽天市場」(38.9%)、次いで「Amazon」(35.3%)、「Yahoo!ショッピング」(21.8%)という結果になった。年代別に見ると、10代では「Amazon」(41.3%)、20代では「ZOZOTOWN」(38.4%)が最も利用率が高いことがわかった(複数回答あり)。

スマートフォンでのEコマースは、「広告が多いと、使いにくい」

Eコマース利用経験者に、スマートフォンでのEコマース利用時に使いにくいと感じる点を聞いたところ、「表示される広告が多い」が最も多く(32.7%)、「商品画像のサイズが小さい」(31.1%)、「送料や手数料などの総額がわかりにくい」(26.2%)であった(複数回答あり)。

5人に1人が「生鮮食品」のEコマースの利用経験あり

Eコマース利用経験者のうち、野菜や肉などの「生鮮食品」を購入したことがある人(※)は19.2%で、そのうち週に1回以上購入している人は30.5%となった。

※「毎日購入している」「週2~3回は購入している」「週に1回は購入している」の合計。

【調査の実施概要】
調査名 : 『Eコマース&アプリコマース月次定点調査 (2018年2月度)』
調査期間 : 2018年2月26日(月)~2018年3月4日(月)
調査対象 : 15歳~69歳の男女1,100名
質問項目 :
    ・今月のEコマースの利用状況を教えてください。
    ・今月のEコマースでの購入金額を教えてください。
    ・今月の全体支出に占めるEコマースの割合を教えてください。
    ・Eコマース利用の際に使用するデバイスを教えてください。
    ・スマートフォンで利用する際の方法について教えてください。
    ・各種ECサービスについて利用状況を教えてください。
      (楽天市場/Amazon/Yahoo!ショッピング/ベルメゾンネット/ヨドバシカメラドットコム/ 
         ディノス/ニッセン/イトーヨーカ堂/ポンパレモール/ZOZOTOWN)
    ・Eコマースのプレミアムサービスの利用状況を教えてください。
    ・スマートフォンでのEコマース利用時に、使いにくいと感じる点を教えてください。
    ・洋服などファッションアイテムを購入する際に利用するサービスを教えてください。
      (楽天市場/Amazon/ニッセン/ZOZOTOWN(ゾゾタウン)/RyuRyu(リュリュ)など16項目)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5