SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

電通、デジタル広告サービスの不適切業務に関する調査結果を発表

  電通は、国内で実施したデジタル広告サービスにおける不適切業務に関する調査結果と再発防止策について発表した。

 この報告によると、次の4つの不適切業務があったことが明らかになった。

態様1:事実と異なる出稿量の報告

 広告主から依頼された出稿量を満たしていなかったにも関わらず、あたかも満たしていたのごとく広告主に報告したもの。

例えば、赤字棒部分を出稿していたと報告したようなケース。青字棒は実績値

態様2:出稿実績の内訳が事実と異なる報告

 出稿総量は広告主からの依頼を満たしていたが、日次の実績が広告主の指示または期待と異なっていたため、総量には影響を与えずに、出稿実績の内訳の一部を変更して報告したもの。

例えば、緑字棒部分を赤字棒部分に移して報告したようなケース。青字棒+緑字棒部分が実績値

態様3:日次単位の出稿実績の未報告

 出稿総量は広告主からの依頼を満たし、出稿実績の運用の報告も広告主から要請された週次・月次単位で行われていたが、日次単位の出稿実績の確認が行われなかったことにより、本来掲載すべきすべての日に広告が掲載されたものと誤信させたもの。

週次・月次単位では問題はないが、日次単位では未掲載の日があったようなケース。青字棒部分は実績値

態様4:精算漏れによる概算での誤請求

 運用型デジタル広告の性質上、掲載翌月にならないと請求額が確定しないものを、掲載当月に概算金額を登録し、翌月に概算部分の精算を行わず請求してしまったもの。ここでは、出稿総量・内訳ともに広告主からの依頼を満たし、運用レポートも正確に作成・報告されていた。

【表:不適切業務の類型別の金額と件数】

  態様1 態様2 態様3 態様4 合計
合計金額 338万円 9,265万円 0万円 1,880万円 1億1,482万円
合計件数 40件 537件 4件 416件 997件

(電通の調査資料を元に作成。千円以下は切り上げて表示)

 さらに、2016年9月に予備調査結果を公表した時点では、暫定結果として不適切業務の疑義があると想定される取引の対象となる広告主数が111社、作業件数は633件、その取引総額は約2.3億円と公表していたが、その後の全件調査の結果、不適切業務の対象となった広告主数は96社、作業件数は997件であったことが判明した。

 このうち過大な請求をしてしまった案件(態様1)は、10社・40件・338万円と発表。なお、上記分類の詳細を確認した結果、上表にあるとおり、997社との取引において、合計1億1,482万円の不適切業務が認められた。

 電通では今後、人手を介さずに出稿実績レポートを作成する仕組みを構築するなど、システム面のほか組織面でも再発防止に取り組んでいくとした。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/4132 2017/01/19 13:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング