SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

日本製鉄発のKAMAMESHI、設備の老朽化に対応する中小製造業向けプラットフォームを正式リリース

 日本製鉄発のスタートアップ企業であるKAMAMESHIは、中小製造業向けの設備部品管理・マッチングプラットフォーム「Kamameshi(カマメシ)」の有償版を正式リリースした。

 Kamameshiは、社内で保有する部品管理システムと、会員間の予備品の売買取引を仲介するプラットフォームを提供するサービス。さらに、各社のニーズに合わせた設備保全コンサルティング業務も請け負う。これにより、設備の老朽化という日本の中小製造業が抱える重要課題の解決を目指すとしている。

 人口減少による市場規模の縮小やAIなどによる自動化が進むなか、日本の製造業がグローバル市場で生き残るには、安価に大量に生産する「規模の経済」を追求する製品の製造・輸出だけでは困難な状況にあるという。高品質・高付加価値な製品を生み出す日本の強みを活かし、競争力を上げていくには「多様性の経済」を担う中小企業の技術力が必要不可欠となるが、リソースや投資力の不足などによって、個社では事業継続が厳しい面があった。

 なかでも同社が重要課題として捉えたのが設備の老朽化で、KAMAMESHIは製造業の業界を横串しでつなぐ仕組みをつくり、リソースを補完し合いながらの課題解決を目指して日本製鉄の社内起業制度を活用して生まれた企業となっている。

サービス概要

 「Kamameshi」は、中小製造業向けの設備部品管理・マッチングプラットフォーム。部品在庫管理のDXを実現し、リスクの見える化をしたうえで会員間で必要な部品をスムーズに融通し合える場を提供する。

提供サービス

在庫管理システム

 QRコードで部品を紐づけ、個社専用のウェブページで在庫状況を一覧表示。タブレットなどですぐに在庫部品を検索でき、現物の棚卸しや入出庫管理もスムーズに実施できる。各工場施設に散らばった在庫情報の把握など、拠点間の連携も容易となっている。

会員制の部品売買プラットフォーム

 身元が明確な登録企業間にて、必要な部品を安価かつ迅速に融通し合える場を提供。売り手側は、自社で不要になった部品を出品することで、過剰在庫を減らし現金化ができる。買い手側は、設備の故障やメンテナンス時に廃版品含めた必要な部品を必要な量だけ最低限のコストで素早く調達可能となる。購入部品が自社設備と合わなかった場合は、提供元に返却も可能となっている。

設備保全の人的サポート

 長年鉄鋼メーカーの設備を支えてきた設備技術人材を派遣し、保全指導や点検整備のアドバイス、機械保全技能士の資格取得講座の実施などにも対応する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/14532 2024/04/03 06:30

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング