SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

DHL Express、シンガポール航空運航のアジア・北米間新路線を使用開始

 DHLジャパンは、シンガポール航空が運航を開始した中部国際空港経由のシンガポール発米国向け貨物専用新路線の使用を開始した。新路線で使用されるのは、DHLとシンガポール航空の両社ロゴが塗装されたボーイング777F型機。最大積載量102トンのキャパシティ追加により、DHL Expressは、大陸間航空ネットワークのさらなる拡充を図り、アジア・北米間において堅調に推移する国際エクスプレス輸送の需要に応える。

DHLとシンガポール航空両社ロゴがカラーリングされた貨物機
DHLとシンガポール航空両社ロゴがカラーリングされた貨物機

 DHL Expressとシンガポール航空は2022年3月、シンガポールのチャンギ空港を拠点としたボーイング777貨物機5機の乗務員整備契約(CM)を締結した。同契約は、南北アジアと北米をつなぐ貨物便新規ルートの運航をシンガポール航空が担うもので、すでに3機が運航を開始している。

 シンガポールより中部国際空港に到着した貨物機は、配備が発表された777貨物機5機のうちの4機目となり、シンガポール―中部―ロサンゼルス―ホノルル―シンガポールで週5便、シンガポール―台北―中部―シンシナティ―ホノルル―シドニー―シンガポールで週1便の、計週6便の運航を予定している。

 DHL Expressは中部国際空港を拠点としたエアネットワークを構築しており、2022年6月のDHL Air UK就航、同年9月の増便など、一貫してネットワークのキャパシティ強化を図ってきた。国境を越えたエクスプレス貨物輸送の伸びに対応するため、DHL Expressは、継続的にネットワーク強化のための投資を実施している。220以上の国・地域に広がるグローバルネットワークにおいて、300機以上の専用機を運航。そのなかでもB777Fは、従来機との比較でCO2排出量を18%削減するなど、DHLのサステナビリティ目標の達成にも貢献しているとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13652 2023/10/16 08:30

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング