SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

2022年度の通販・EC市場は12.7兆円規模 衣料品・化粧品・食料品が好調/JADMA調査

 公益社団法人 日本通信販売協会(JADMA)は、2022年度(2022年4月~2023年3月)の通信販売市場の売上高について調査を実施。速報値がまとまった旨を発表した。

 同調査によると、2022年度の通販売上高は前年比10.9%の12兆7,100億円。金額ベースでは、前年比1兆2,500億円増となっている。コロナ需要が徐々に落ち着く中で通販以外のチャネルも回復。消費者行動が多様化する中でも2022年度の伸び率は前年を3.1ポイント上回る動きとなり、直近10年の平均成長率は9.0%と、マイナス成長を記録した1998年度以来、24年連続して増加傾向が続いているとのこと。

JADMAが通信販売市場の売上高速報値を発表

 同法人は、BtoBやモール系が堅調であること、商材では衣料品や化粧品、食料品(健康食品を含む)が好調であることを通販・EC市場の傾向として挙げている。

2022年度通信販売市場調査の概要

  • 通販市場の売上高は、JADMAの会員情報に加えて、同協会会員418社(調査時点)を対象に実施した「第41回通信販売企業実態調査」から得た回答の売上部分を先行集計した結果と、各種調査から推計できる有力非会員355社の売上を加えて算出。(調査期間:2023年6月22日~8月14日)
  • 推計値は、衣料品や雑貨、化粧品、健康食品などの物販が中心となっている。
  • 商品別、媒体別分析レポートは2023年11月に「第41回通信販売企業実態調査報告書」として刊行予定。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13390 2023/08/25 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング