SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

Amazon、日本全国11ヵ所に配送拠点を新設 700万点以上の商品の翌日配送や新たな働く機会創出へ

 Amazonは2023年7月6日、同社の配送拠点であるデリバリーステーションを日本全国11ヵ所に新設すると発表した。Amazonの配送網拡充により、700万点以上の商品が注文翌日に配送可能になるとのこと。

 Amazonのデリバリーステーションは、顧客が注文した商品を全国の物流拠点であるフルフィルメントセンターなどから集約し周辺地域の顧客の玄関先まで届ける、Amazonのラストワンマイルの起点となる場所。今回の新設で、Amazonのデリバリーステーションは日本国内で50ヵ所以上となる。

 栃木県・群馬県・富山県・山梨県・静岡県・奈良県・岡山県における、アマゾンロジスティクスの配送拠点開設は初めて。Amazonは、これらの拠点開設により、Amazon Flex ドライバーを含む、様々な働く機会を全国で新たに3,500以上創出する予定としている。

 デリバリーステーションでは、様々な経験・性別・年齢・国籍・文化的な背景を持つ人に、多様な働く機会を提供している。職種は、拠点の安全衛生管理、ステーションマネージャー、シフトアシスタント、Amazon Flexドライバーなど多岐にわたる。

 アマゾンジャパン合同会社 アマゾンロジスティクス 代表のアヴァニシュ・ナライン・シング氏は、次のようにコメントしている。

「お客様の近くで、安全で迅速かつ効率的な配送を提供する取り組みの一環として、全国11ヵ所のデリバリーステーションの開設について発表できることを嬉しく思います。これらのステーションの開設により、Amazon Flexドライバーなどのフレキシブルな働き方を含め、3,500を超える様々な働く機会を創出します。配送拠点の新設により、置き配を可能にし、お客様に利便性を提供するとともに、再配達の削減によるドライバーの負担軽減に貢献します。また、デリバリーステーションがサポートする新しいプログラムには、地域の中小企業が空き時間にAmazonの商品を配達することで副収入を得ることができる『Amazon Hub デリバリー』や、起業家が独自の配達ビジネスを始めることを支援する次世代の『デリバリーサービスパートナープログラム』が含まれます。私たちは、地域コミュニティと提携し、地域の経済発展に貢献したいと思っています」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13156 2023/07/07 18:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング