SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

イオンが従業員体験価値を高める取り組み 勤務シフトをAIが自動作成、チームの業務改善プロセスを進化

 イオンリテールは、同社が推進するDXの一環となる「従業員体験価値(EX)」向上のため、「イオン」「イオンスタイル」約350店舗で「AIワーク」と「MaI(マイ)ボード」を展開する。

 「AIワーク」は、チームの勤務計画を自動で起案するシステムで、従業員の計画業務時間を低減するほか、勤務希望提出と勤務シフトの確認を携帯端末から、いつでも行える。

 また、1人ひとりの勤務パターンや職能をデータ化することで、チームの課題を店舗・本部スタッフ双方が容易に確認でき、補充人員の確保や技能教育などを、よりスムーズに行える。

 一方「MaIボード」は、連絡ノートや掲示板などに替わり、デジタルサイネージでチーム内の情報共有を行うツール。画面で業務連絡や作業指示が確認でき、コミュニケーションをより円滑にする。

 また、近隣店舗との比較や好調商品の情報などをミーティングで共有することで、改善プランが生まれ、自分たちで決めて実行することで「やりがい」に直結する働き方につながる。ミーティングのために実績や連絡書類を用意する必要もないとのこと。

「AIワーク」「MaI(マイ)ボード」の概要

スケジュール

  • 「AIワーク」2022年7月より順次展開 デリカ、食品オペレーションで7月に運用開始。その後、食品全部門とH&BCへ拡大予定。
  • 「MaIボード」2022年7月25日現在、240店舗で展開。順次拡大予定

展開店舗

関東・北陸信越・東海・近畿・中四国の「イオン」「イオンスタイル」約350店舗(一部店舗を除く)

「AIワーク」詳細

 チームの勤務計画を自動で起案するシステムで、従業員の計画業務時間を低減するほか、勤務希望の提出と勤務シフト確認を携帯端末からいつでも行える。

 まず、従業員1人ひとりの勤務パターンをシステムに入力し、モデルを作成。その後、実際の勤務希望と月間労働時間をもとに、AIが自動で適切な勤務計画を起案する。

 勤務パターンだけでなく、1人ひとりの職能もデータ化することで、チームの課題を把握しやすくなり、補充人員の確保や技能教育などを、よりスムーズに行える。今後、2022年10月には、時間帯ごとの作業割り当ての実装を予定している。

 2022年6月に約60店舗で試験導入した結果、利用部門の勤務計画作成時間が70%低減されたほか、勤務希望の申請や勤務計画の確認を携帯端末上でできるようになったため、勤務計画に関わる紙の使用量を90%削減しているという。

「MaIボード」詳細

 連絡ノートや掲示板などのアナログな情報共有ツールに替わり、デジタルサイネージでチーム内の情報共有を行えるツール。画面から業務連絡や作業の確認ができ、コミュニケーションをより円滑にする。

 また、営業数値やチラシ情報のほか、近隣店舗との比較や好調商品など、「改善のヒント」となる情報も常時更新される。こうした情報をミーティングで共有することで、チームメンバーから改善プランが生まれやすくなり、自分たちで考えたプランが成果に結びつくと、「やりがい」にもつながることが期待される。

売上進捗や連絡事項を表示
売上進捗や連絡事項を表示
売上進捗や連絡事項を表示
売上進捗や連絡事項を表示
売上進捗や連絡事項を表示
売上進捗や連絡事項を表示
チーム単位でのミーティングに活用
チーム単位でのミーティングに活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11628 2022/07/27 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング