SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

アスクル、物流センターで34台の自律走行型協働搬送ロボットを本格稼働 生産性は従来の約1.8倍へ

 アスクルは、物流センターASKUL Value Center 日高(以下、「AVC日高」)にラピュタロボティクスの自律走行型協働搬送ロボット「ラピュタPA-AMR(Autonomous Mobile Robot)」(以下、「AMR」)を導入し、本格稼働を開始した。

 「AMR」は、ピッキング作業における歩行工程の多くを人に替わって担い、自ら判断し人や障害物を回避しながら移動、人と協働しながらピッキング作業を行うロボット。同社はAI・テクノロジーを活用し、物流センターにおける生産性向上という課題解決のために積極的に高度自動化を進めている。その一環として、生産性の向上に加え、ピッキング作業における歩行工程の大幅削減を実現すべくAMRを34台導入し、従来の約3割減の人員で約1.8倍の生産性を達成した。

 AMRの導入により、ピッキング作業の生産性の向上はもとより、従業員の長距離歩行負荷軽減を実現し、物流現場の働き方のDXを一層推進した。

 昨今のEC需要拡大にともない、アスクルの物流センターにおいても出荷量が増加している。今回、一部エリアにAMRを導入したAVC日高は、東日本エリアのLOHACO出荷を担当する広大なピッキングエリアに商品の在庫棚が立ち並ぶ物流センターで、人力によるピッキングを実施していた。従業員は庫内の端から端までカートを押しながら歩行し商品のピッキングを行う必要があり、増加する出荷量に対して人力で生産性を一層あげることが困難になりつつあった。また、従業員の長距離歩行負荷が大きいことも課題となっていた。

 一方で、365日稼働するAVC日高においては「センターの稼働を止めずに導入できるソリューションでなくてはならない」という制約があった。

 これを受け、生産性の向上を追求するとともに、従業員の歩行負荷低減を両立し、既存の設備を変更せずに導入可能なソリューションとしてAMRの導入に至った。同事例はAI・テクノロジーを活用し、バリューチェーン全体のDXを加速させる取組みのひとつとなる。

「AMR」34台導入により従来の約3割減の人員で約1.8倍の生産性を達成

 今回AVC日高へ34台のAMRを導入し、本格稼働を開始。まとまった台数を一度に導入することで、AVC日高のピッキングエリアのDX推進を目指した。

 AMRは、従来人が担っていたピッキング作業における歩行工程の大半を人に替わって担い、人と作業分担しながら同じエリアで働くロボットのことで、自己位置や障害物を認識し指定位置まで自律走行するものです。従業員は近くのAMRの画面指示に沿ってピッキング作業を行い、作業が終わるとそのロボットの画面で表示される「どの商品棚へ行けば次の作業ができるか」に従って近辺エリアで別注文のピッキングを担当する。

 今回の導入により、歩行の大半はAMRが担うため従業員の長距離歩行負荷が軽減され、より働きやすい環境づくりを実現。さらに、従業員がピッキング作業に専念できるようになったため、従来の約3割減の人員で約1.8倍の生産性を達成し、ピッキング工程の生産性を飛躍的に向上させた。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11537 2022/06/28 20:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング