記事種別

Yahoo!ショッピング、「eコマース革命宣言」からこれまでの流れで見えてきたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

書籍『小さなお店のYahoo! ショッピング出店・運営ガイド』著者がYahoo!ショッピングについて、毎月コラムを執筆していきます。

Yahoo!ショッピング、eコマース革命宣言を振り返る

 Yahoo! JAPAN コマースパートナーエキスパート、株式会社ウィルマートの田中と申します。今回から、Yahoo! ショッピングに関するコラムを書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 Yahoo!ショッピングといえば、昨年10月の「eコマース革命宣言」を外すわけにはいきません。まずは、「eコマース革命宣言」からこれまでの流れを整理してみたいと思います。

 「eコマース革命宣言」では、以下の3つが発表されました(ここでは、eコマース革命宣言の中で、Yahoo! ショッピングに関わる部分だけをお話しさせていただきます)。

  • 出店手数料と売上ロイヤルティが無料
  • 外部リンクを許可
  • メールアドレスの利用

 皆さんご存じの「出店手数料と売上ロイヤルティが無料」。これが最も衝撃的でした。モールとして収益の柱である出店者からの徴収をなくすという、今までの定石を覆す内容です。孫さんの「ヤフーは間違えていました。インターネットはもっと自由であるべきだ」という説明に潔ささえ感じました。

 「外部リンクを許可」「メールアドレスの利用」については、売上ロイヤルティを徴収しなければモール内にお客様を囲っておく必要がないので、無料化のセットとして自然な成り行きだと言えるでしょう。

 ほかにも、「Yahoo! JAPAN の様々なコンテンツからの集客」「キャンペーンの充実」「TVCMでの告知(ヤフオク)」などは、むしろ今までやらなかったことが不思議なくらいですので、やっと本腰を入れたという感じです。

 あわせて、システムの強化も発表されました。

  • Crocos懸賞とストアニュースレター連携サービス
  • ショッピングクーポン発行
  • ニュースレターのターゲティング機能強化
  • ストア評価機能リニューアル
  • 新管理・運営ツール「ストアクリエイターPro」リリース

 これらによって、ストア側からお客様へのアプローチが積極的に行えるようになりました。無料化と合わせて、「eコマース革命宣言」が掲げている【売り手ファースト】を目指していると言えます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:Yahoo!ショッピングあれこれ

2016年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5