SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

中小ECショップのための 粗利からみる売上アップ講座

粗利単価はお店の格で決まる!? 粗利単価の高い注文を増やすコツ


 自社ECで3度も経験した倒産危機をきっかけに、ECが儲かるためのEC分析ツール「FULL KAITEN(フルカイテン)」を考案した著者が、粗利からみる売上アップ法を全6回にわたってご紹介していきます。第3回は「粗利単価はお店の格で決まる」です。

 前回の記事では、粗利単価の低い注文を減らし粗利単価の高い注文を増やせば、お店全体の粗利単価が増加するという説明をしました。

 では、どうすれば粗利単価の高い注文を増やすことができるのでしょうか。

 キーとなる要素は「お店」と「商品」の2つですが、今回は「お店」に焦点を当てていきたいと思います。テーマは、「粗利単価はお店の格で決まる」です。

アンカリング効果とブランドイメージ

 突然ですが、「アンカリング効果」という言葉をご存じでしょうか。

 アンカリング効果とは、質問をする時に何らかの数値を示した上で質問すると、解答を導く際にその数値が影響を与えるというものです。

 少しわかりにくいのでWikipediaの説明を引用します。

「国連加盟国のうちアフリカの国の割合は65%よりも大きいか小さいか」という質問をする場合と、「国連加盟国のうちアフリカの国の割合は10%よりも大きいか小さいか」という質問をする場合では、前者の方が大きい数値の解答が得られるというものです。

 つまり、アンカリング効果とは、「質問の際に数値を示されると、人はその数値を基準に考えてしまう」ことを指します。

 なぜこのような話をしたのかと言うと、アンカリング効果はECショップが粗利単価の高い注文を増やすうえで、必ず知っておくべき理論だと考えているからです。

 例えば、トップページに掲載されている商品の多くが、1,000円から2,000円ほどだったとすると、それを見たお客様は

「ここは、1,000円から2,000円くらいの商品を売っているお店だ」

という印象を受けるでしょう。

 仮に上記のECショップで売りたい商品が、5,000円から6,000円ほどの価格帯だったとしても、最初に1,000円から2,000円という基準をお客様がインプットしていると、5,000円の商品を見た時に

「ここは5,000円の商品を買うべきお店ではない」

と感じる可能性があります。

 もうひとつ例を示します。例えば、クーポンを毎日送ったり、セールを頻繁に開催しているECショップがあるとします。

 そういうECショップを見かけたとき、定価で買い物をしようと思いますか?

「クーポンを使わないと損だ」「セールがあるからそのときに買おう」という気持ちになる方が多いのではないでしょうか。

 これがECショップにおけるアンカリング効果です。つまり、粗利単価の高い注文を増やしたければ、「安い買い物をするためのお店ではない」という印象をお客様に与える必要があります。 

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
初回購入時の客単価が2回目の購入に与える影響

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
中小ECショップのための 粗利からみる売上アップ講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ハモンズ株式会社 代表取締役 瀬川直寛(セガワナオヒロ)

自社ECで3度も経験した倒産危機をきっかけにECが儲かるための改善手法を考案。 自社ECの粗利を2倍、在庫を1/2に削減した手法をクラウドサービス化し、2017年10月からサービス提供開始。 現在、サイト改善や広告に頼らずに儲かるECになるための手法を熱心に啓蒙している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5341 2019/02/06 18:39

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング