SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

季刊ECzine vol.01 定点観測

小売に突きつけられた課題 ラストワンマイルと新たな評価指標


 2017年3月に刊行した『売れるECサイトのすごい仕掛け』で各分野における2016年の動向を総括した専門家には、2017年のスタートはどのように見えたのか。定点観測を行うことで、EC業界の全体像が見えてくる(※本記事は、2017年6月25日刊行の『季刊ECzine 2017年夏号』に掲載したものです)。

Amazon フレッシュは 買い物代行サービス

 オムニチャネル関連で、最初に逸見さんが挙げたトピックスが、2017年4月21日から日本でもスタートした、生鮮食品を扱う「Amazon フレッシュ」だ。

 「まだ対象エリアが限られているため、それほど話題になっていませんが、私はAmazon フレッシュは買い物代行サービスだと捉えています。小売企業がネットスーパーや店頭受け取りを始めようとすると、社内で専任部署を作ってという発想になります。しかし、Amazonフレッシュのような買い物代行サービスなら、サービス会社が百貨店やドラッグストアからピックアップして、配達してくれるわけです」

 すでにEC事業者に知られている例として、アメリカのInstacartというサービスがある。郵便番号を入力すると同社と契約しているスーパー等が並び、そこで「ショッパー」が買い物を代行してくれるというものだ。

 「日本では、このような買い物代行サービスは、これからますます進んでいくと考えています。代行サービス運営会社は、倉庫を持たなくとも他社の店舗在庫からピッキングする。小売業者にとっては、自社でなく、外部の人たちがピッキングして、届けるところまでやってくれる。手数料を払っても、代わりに買い物をしてほしい忙しい消費者もいますから」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
物流問題で突きつけられた ECで「どう届けるか」という課題

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.01 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4797 2019/09/13 12:08

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング