SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

無名の企業が日本3位!伊藤久右衛門のSNS活用術

Facebookの投稿が台湾からのインバウンド観光客を呼んだ! 伊藤久右衛門の投稿手順を大公開

 Facebookページの2014年年間エンゲージメント率日本で3位。LINE@経由で年間売上1,980万円。京都・宇治のお茶屋さん「伊藤久右衛門」のSNS活用術についてお届けします。第3回は、Facebook投稿を続けたことによる、思いもしなかった台湾からの支持。リアル店舗の集客にも貢献する、台湾特化投稿を行う手順を大公開します。

エンゲージメント率50%のFacebookページがもたらした、インバウンド効果

 前回は、Facebookの投稿にまつわるエトセトラを紹介したが、高いエンゲージメント率を維持しながらファンを増やすことで、結果、どのような影響がもたらされたのか。今回は、その影響について紹介していこう。

 前回、紹介した紫陽花パフェを例に出そう。はじめて紫陽花パフェの投稿を行ったのは、2013年5月末。当時、当社Facebookページへのいいね!数は、1万前後だった。にもかかわらず、投稿へのいいね!は5,400を超え、コメント約100件、シェアに至っては約640件を記録。エンゲージメント率は、なんと50%を超えた。

 「エンゲージメント率が高い」とは、すなわち「投稿がより多く拡散されること」である。投稿がより多く拡散された結果、何が起こったか。

 この投稿をきっかけに、紫陽花パフェは「美しすぎるパフェ」としてネット記事に掲載された。そして、掲載されたネット記事は、転載され、さらに転載され……を続け、最終的にYahoo!ニュース等、多くのメディアに紹介された。

 「美しすぎるパフェ」の波及効果は大きく、例年同時期、1時間待ち程度であった茶房は、最長3時間待ちに。投稿が拡散され、多くの人に読まれることで、実店舗への集客につながった例である。

 また、予想していない影響もあった。Facebookを運用し始めて2年が経過した時のこと。インサイトを確認している中で、気になる点を見つけた。いいね!の国別ファン数だ。

 当然、日本国内のファンが1番多い。しかしなぜか、次いで台湾からのいいね!が多い。日本を除いた諸外国の中では突出したファン数だった。特に台湾向け投稿をしているわけでも、特別にキャンペーンを打ったわけでもない。日本国内向けの投稿のみだったのにもかかわらず、だ。

 そこで、実店舗で外国人観光客にアンケートを実施した。結果、宇治の実店舗に来店した台湾人観光客の16%が、Facebookで事前に伊藤久右衛門を知り、足を運んだという事実が判明した。これは、本当に予想もしていなかった影響であり、知らず知らずのうちにインバウンド売上に貢献していたのだ。

 このようにリアルにも影響が出始めたことから、現在Facebook上では、台湾向けに次のような施策を行っている。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
伊藤久右衛門のインバウンド 台湾特化投稿の手順

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
無名の企業が日本3位!伊藤久右衛門のSNS活用術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤久右衛門の中の人(イトウキュウエモン)

天保三年創業。京都に実店舗を持ち、宇治茶・抹茶スイーツを商う。楽天市場「ショップ・オブ・ザ・イヤー」、Yahoo!ショッピング「ベストストアアワード」等、多数の受賞歴を持つ。ECサイトを運営するWEB営業部に所属し、2012年6月よりSNSを担当。●コーポレートサイト:http://www.itohkyuemon.co.jp/ ●Facebookページ:https://business.facebook.com/itohkyuemon/ ●Twitter:https://twitter.com/itohkyuemon ●Instagram:https://www.instagram.com/itohkyuemon/ ●オンラインショップLINE@:https://page.line.me/kyuemon

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4202 2017/02/14 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング