SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

人工知能×ECことはじめ

ECサイトで人工知能を使いレコメンドする 興味を表すのは「ベクトル」

「人工知能」が流行っていますが、ぶっちゃけたところ、ECやマーケティングにどう使えるのでしょうか。テクノロジー×マーケティングに造詣が深い、ゼロスタート・山崎さんに噛み砕いて解説してもらいます。第3回は、レコメンドを例に人工知能活用の裏側を学びます。

ECの人工知能活用、まずは行列

 さて今回は、実際にどう人工知能・機械学習がECで活用されるのかの具体例について考えてみます。

 まずは、一番単純な例からです。ユーザーを縦軸、アイテムを横軸とした行列を考えてみます。縦軸、横軸が逆でも大丈夫です。行列というと数IIっぽくてアレルギーがあるかもしれませんが、Excelのような表計算があつかうのも行列です。

アイテム/ユーザー A B C D E
a 1 0 0 1 1
b 0.5 1 0.9 0.3 0.7
c 0.8 0.3 0.1 0.7 0.5
d 0 0.8 1 0.1 0.5
e 0.2 0.1 0.4 0 0.3

 ところで、ユーザーとアイテムは計算上は交換可能ですが、出力は常にユーザーです。アイテムに計算結果を渡しても、アイテムは自分で考えたり行動したりはしません。

 「行動に影響を与える部分」を制御モデルと呼んだりもします。

  • ECの画面でアイテムをレコメンドする(ことで購買を期待する)
  • メールで新商品をお知らせする(ことで購買を期待する)
  • 機械学習は関係ないですがイチオシの商品をトップで大きく表示する(ことで購買を期待する)

 これらはすべて制御モデルです。ちなみに、制御モデルとしてわかりやすいのは道路標識や信号です。

  • 信号が赤になれば止まる
  • 標識に止まれとあれば止まる
  • 制限速度があればその速度を超えないようにする

 これらがつまり制御モデルです。

 人工知能・機械学習の活用を考えるときは、最後は「制御モデルにつながないと意味がない」をまずおさえる必要があります。

 ユーザーとアイテムの行列を考えるとき、そこの値に入るのはなんでしょうか。「実はここがとても重要」なのですが、これについてはまたのちほど詳しく解説します。

 とりあえず、ユーザーによるアイテムの評価を入れてみます。実はこの評価の値はそんなに良い指標ではないことが多いのですが、あくまで例なので大目に見てください。

たとえば、 1,2,3,4,5 という5段階評価であれば、その数値を入れます。ちなみに値はなんでもいいのですが、0から1の間にするのが一般的です。

 これを正規化(normalize)と言います。 1,2,3,4,5 であれば、とりあえず 0.2,0.4,0.6,0.8,1.0 とするなどです。適切な正規化によって、100段階評価も5段階評価も一緒くたに扱うことができます

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ベクトルは、ユーザーがアイテムへの興味を示す矢印

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
人工知能×ECことはじめ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ZETA株式会社 代表取締役社長 山崎徳之(ヤマザキ ノリユキ)

プロバイダ及びデータセンターにおいてネットワーク・サーバエンジニアを経て2006年にZETA株式会社を設立、代表取締役に就任(現任)。ECソリューション「ZETA CX」シリーズとしてサイト内検索エンジンやレ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2741 2016/03/11 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング