SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

おさえておきたい「ポイント」の基本

知られざるAmazonポイント、中途半端な現状 なぜか公式よりもオトクなカードが


ECサイトでも盛んに活用されるポイント。消費者の立場に立って見直すことで、より商売繁盛につなげましょう。今回はAmazonポイントについて解説します。

Amazonにもポイント、実はあります

 楽天、ヤフー、リクルートなど、オンラインショッピングモールやオンラインショッピングサイトではポイントを付与している場合がほとんどです。では、オンラインショッピングモール最大手のAmazonはどうでしょうか?

 Amazonにもポイントサービスはあります。対象商品の場合は商品価格の下に、「ポイント:◯◯pt(△%)」と表示されています。

Amazonの例

 ただし、ほとんどの商品でAmazonポイントを獲得できることはありません。筆者もAmazonをよく利用しますが、Amazonポイントを獲得できたのはこれまでに数えるくらいしかありません。

 さらに、Amazonポイントを獲得できていたとしても、次にAmazonで購入した場合に自動的に消費されるため、ポイントを獲得したのかもわからないことが多いのです。ポイントの取材を受けるときに「Amazonってポイントありませんよね?」と聞かれるのはこのような理由からです。

 一度、Amazonポイントを獲得したことがあるのか「Amazonポイントの獲得・利用履歴」ページで確認してみてください。知らない間に獲得し、利用しているかもしれません。

●Amazonアカウントサービス > マイポイント(Amazonポイントの獲得・利用履歴)

Amazonポイント対象商品は

 Amazonポイントを獲得できる商品はどのような商品でしょうか? Amazonポイントのヘルプページに書かれていますが、「Amazonポイントが付与されない商品」に以下の2つが挙げられています。

  • 商品詳細ページにAmazonポイントについての記載がない場合、ポイントは付与されません。
  • Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品の購入にはポイントは付きません。

 つまり、Amazonが直接販売している商品で、Amazonが選んだ商品にしかポイントが付かないということです。Amazonに出品していてもポイントは付けられないということになります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Amazonポイント対象を探すには

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
おさえておきたい「ポイント」の基本連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

菊地 崇仁(キクチ タカヒト)

北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1456 2014/12/15 16:06

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング