SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

おさえておきたい「ポイント」の基本

ポイント・オムニチャネルの勝者はどこだ 【セブン、楽天などポイント獲得シーン一覧表つき】

ECサイトでも盛んに活用されるポイント。消費者の立場に立って見直すことで、より商売繁盛につなげましょう。最終回は、話題のオムニチャネルとポイントについてです。

ポイント×オムニチャネルを考える

 「オムニチャネル」、最近よく聞く言葉です。Googleで「オムニチャネルとは」と検索すると次のように表示されます。

オムニチャネルとは、店舗やイベント、ネットやモバイルなどのチャネルを問わず、あらゆる場所で顧客と接点をもとうとする考え方やその戦略のことをいいます。マルチチャネルはただチャネルを増やすだけの多角展開であることに対し、オムニチャネルは全てのチャネルを連携させて顧客にアプローチするという違いがあります。 (出典:EC-Orange)

 マルチチャネルとオムニチャネルの違いがよく分かる内容だと思います。今回は、このオムニチャネルを、ポイントプログラムに当てはめて考えてみたいと思います。さまざまなチャネルでポイントと接点があるかどうか、全てのチャネルのポイントが連携しているかどうかという視点で見てみましょう。

リアル小売強者のポイント連携は

 まず、イオンでのポイントプログラムを考えます。イオンでのポイントは3種類。WAONで購入した時の「WAONポイント」、イオンカードで購入した時の「ときめきポイント」です。ただし、ときめきポイントはWAONポイントに交換できます。

 また、イオンネットスーパーで貯まるポイントは「ネットWAONポイント」です。こちらもWAONポイントに交換できますが、イオンカード、WAON、ネットスーパーで別々のポイントが貯まり、最終的にWAONポイントに交換して1つにまとめることができますという連携です。

 一方、イトーヨーカドーの場合、nanacoで買い物をしてもセブンカード・プラスで買い物をしてもnanacoポイントが貯まります。さらにイトーヨーカドーネットスーパーやセブンネットショッピングなどでも、同じnanacoポイントを貯められます。リアルでもネットでも、クレジットカードもnanacoポイントを軸につながっています。

 家電量販店は、以前よりネットとリアルのポイントを共通化手続きすることで、リアルで貯めたポイントをネットで使ったり、ネットで貯めたポイントをリアルで使ったりすることができていました。クレジットカードもそれぞれのポイントが貯まるカードもあります。

オンラインショッピングモールのポイント連携は

 オンラインショッピングの場合は、Yahoo!ショッピングのTポイント、ポンパレモールのリクルートポイント(2015年春からはPontaポイントが直接貯まる)、楽天市場の楽天スーパーポイントは、ネットでもリアルでも同じポイントを貯められるようになりました。クレジットカードもそれぞれのポイントが貯まるクレジットカードがあります。ただし、Amazon.co.jpのAmazonポイントだけは宙に浮いた存在であり、今回の比較対象外となるでしょう。

 リアル店舗のポイントカードによるポイント、ネットショップのポイント、クレジットカードや電子マネーのポイントで貯まるポイントを確認すると、楽天スーパーポイントとTポイントが一歩リードでしょうか。しかし、最近ではスマートフォンの普及などで、これ意外にもポイントを獲得できる機会が増えています。新しいポイント獲得方法をいくつか紹介しましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
意外と知らないポイントモールとは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
おさえておきたい「ポイント」の基本連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

菊地 崇仁(キクチ タカヒト)

北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1577 2014/12/23 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング