SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

EC動向定点観測~分析編~

データ分析に専門技術は必要なくなる?AIと共存する時代の人間は頭と手をどう使うべきか


 EC事業者が押さえておきたい最新動向を、ジャンル別にお届けする「定点観測」。分析編では、株式会社プリンシプル チーフテクノロジーマネージャーの山田良太氏が解説します。今回は、EC事業者からGA4を使った分析について寄せられる悩みや、急成長する生成AIがデータ分析にもたらす変化について話を聞きました。

前回の記事はこちら

「Google タグ」の設定は現状よりも先回りして行おう

 2023年7月1日に、ユニバーサルアナリティクス(UA)から「Google アナリティクス 4(GA4)」へ移行し、本格運用が始まって3ヵ月ほど。山田氏の観測範囲では「業界内でも、特に大きな混乱は起きていない」とのことだが、「ウェブ解析のスキルによって、GA4から得られる情報の解像度が違う点については、課題に感じている人が多い」そうだ。

「また、UAをある程度使いこなしていた方からも『これまで通りの分析ができない』といった声が上がっています。軸となる指標が変わっているので発想の切り替えも欠かせませんが、分析ツールとしての過不足はアップデートの中でつぶしていくと見られるため、Googleの動向には注視していきましょう

 直近では、「Google タグ マネージャー」からGA4にイベントデータを送信する際に必要なタグが「GA4 設定タグ」から「Google タグ」へと変更されている。これは2023年9月に実施されているが、Googleタグマネージャーに設定済みの既存のタグは自動で移行されるため、特に事業者側で改修を行う必要はない。ただし、新たにタグを追加する際は今までと構成が異なっているため、今一度確認しておくと良いだろう。

「また、BigQueryにエクスポートできるデータの種類が増え、ユーザー単位のデータも利用可能になりました。そのため、特にBigQueryを使って分析を行う事業者は、新たに利用できるようになったユーザー単位のデータをエクスポートできるよう、設定をお勧めします。『今はまだデータの数が少ないからそこまで詳細に見る必要はない』と考えている場合も、将来的にロイヤルユーザーの動きを捉えたいタイミングが来るかもしれません。その時に手元に少なくとも1年分のデータはないと、適切な判断が難しくなってしまうので、タグ設定については少し先読みをした判断が必要だといえます」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
MA活用、CRM施策の裏付けに GA4で見るべき項目は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC動向定点観測~分析編~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13545 2023/10/11 21:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング