SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

EC動向定点観測~越境EC編~

「選択」と「集中」から生まれるチャンスがある 越境ECで売れるページ・ブランド作りの秘訣とは

 EC事業者が押さえておきたい最新動向を、ジャンル別にお届けする「定点観測」。越境EC編では、世界へボカン株式会社の徳田祐希氏が解説します。今回は、「SEOに目を向けた多言語対応」と「越境ECのOMO推進」についてお伝えします。

海外客と帰国後も接点を 越境EC需要は増加傾向に

 海外からの渡航客数が回復しつつある昨今、インバウンド需要の高い京都や東京を中心に、既に多くの企業が「実店舗に活気が戻り、多忙にしている」という徳田氏。自社の商品が海外にも受け入れられると改めて確信を持ったところで、来日時に出会った顧客と「一見客」の関係で終わらないようにするため、「越境ECに本腰を入れたい」という相談が増えているそうだ。

「お声として多いのは、『旅行中に訪れてくれた顧客と帰国後も接点を持ち、継続顧客にしていきたい』というものです。ただし、越境ECに対応した自社ECを立ち上げても実店舗が急激に忙しくなり、接客時の自社EC訴求などきれいなOMOの導線が引けていないケースも存在します。『実店舗の売上は増えているけれど、自社ECのアクセスが増えない』とお悩みの方は、店舗に訪れた顧客が自社ECにたどり着いているか、店頭のオペレーションにも目を向けて改善を図ると良いでしょう」

単純な多言語化はSEOで足を引っ張る可能性も

 これから越境EC展開に力を入れる場合、Shopifyなど越境EC対応が可能なカートシステムと多言語化ツールを用いて自社ECを構築し、海外からのアクセスがあった際に該当する言語・通貨での購入を促すのが一つの手だ。もしくは既存の自社EC内に「WorldShopping BIZ」や「Buyee Connect」のような越境EC対応サービスを導入すれば、海外発送の業務負担軽減と越境ECでの売上拡大を両立できる。

「現状は後者が多い印象です。その場合も自社EC内のコンテンツの多言語化、少なくとも日本語から英語への翻訳対応は欠かせませんが、その点についてはまだ『とりあえず多言語化した』というフェーズであるケースがほとんどですね。越境EC市場に進出するプレーヤーが増える中では、ローカライズの有無が成果を大きく左右します。越境ECに注力したいのであれば、ここにも目を向けましょう」

 既に日本語で、ブログや使い方をレクチャーするコンテンツを有する企業は素材が揃っている状況だが、単純にこれらのコンテンツを翻訳しても大きな成果にはつながらない。なぜなら、日本の顧客と海外顧客は生活習慣の違いがある上、商品に求める体験も異なるからだ。また、言語は違えども同一内容のコンテンツを複数生成すれば、検索エンジンから低品質なコンテンツだと評価を受けてしまう可能性もある

「特に画像を主体とした商品詳細ページ、LPを多く有している場合は要注意です。当社にも『多言語化を行ったら、Google Search Consoleのエラー数が増えてしまった』とご相談をいただくことが多々あります。これをそのまま放置すると、主とする日本語ページのサイト評価も下がってしまうため、早急に対策を打たなければなりません」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
売れ筋商品を課題別提示 骨太なページを作るには?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC動向定点観測~越境EC編~連載記事一覧
この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13062 2023/07/20 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング