SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.09 定点観測

越境ECに学ぶ脱プラットフォーム依存 未来につながる倉庫の選びかた

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。オープンロジの伊藤さんに、物流について聞きました。※本記事は、2019年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.09』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

越境EC「3つのハードル」 物流は倉庫オペレーションの海外対応が要

 越境ECと言えば日本から他国へのイメージが強いが、今注目すべきは他国から日本への動きが活発になっていること。国内ECが成熟期を迎え競争が激化する中、新たな販路を求めて海外に進出する事業者が増えてきたのだろう。

「越境ECには3つのハードルがあった」と伊藤さんは話す。ひとつはカスタマーサポートだ。海外のサイト利用者とのやりとりを外国語で対応できる人材の確保が難しいとされていたが、現在は翻訳ツールやチャットボットの技術が発達し、人にかかる負荷が軽減されたことでハードルも遥かに低くなってきている。

 次に決済だ。国によって異なる決済手段が参入のハードルになっていたが、現在はグローバルにまたがる決済システムが整備されつつある。今後はキャッシュレス化が進み、決済がますますボーダーレスになっていくだろう。

 最後は物流だ。配送の領域では、EMSの121カ国対応といった大手配送キャリアの利便性向上に加え、国ごとに特化した配送の強みを持つ会社も登場している。配送キャリア間の競争が生まれることにより、サービスの品質もさらに高まっていくだろう。

 では、倉庫の領域はどうか。伊藤さんは「海外配送に対応したオペレーションにはなっているとは言えない」と指摘する。海外配送に必要なオペレーションとして、「インボイスをその国の言語で印字する」「輸出禁制品を管理する」などが挙げられる。過去に輸出の禁じられた商品を送ってしまい、現地の大使館を巻き込んだ大問題にまで発展したケースもあったと言う。配送のハードルが低くなったぶん、倉庫のオペレーション次第でそのようなトラブルも発生しやすくなったと言える。伊藤さんはこうまとめた。

 「カスタマーサポート、決済、そして配送のハードルがどんどん下がって越境ECに参入しやすくなっている一方、デジタル化されておらず、システムも整っていない倉庫だけが一歩遅れている印象は否めません。越境ECの発展において倉庫がボトルネックにならないよう、進化していかなければならないと感じています」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
激化するプラットフォーム 独ドメ越境ECのあるべき物流とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.09 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/6777 2019/09/13 12:50

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング