記事種別

全国農業協同組合連合会、英国の日本食販売会社と資本提携 健康ブームの欧州で日本食レストランの需要増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/07/28 05:00

 英国で日本食品の輸入販売を手掛けるジャパン・フード・エクスプレスは全国農業協同組合連合会と資本提携。同連合会が2016年に買収した英食品卸会社SFGホールディングスの株式の過半数を取得した。

 ジャパン・フード・エクスプレスはロンドンを中心に日本食材を販売、ドイツにも拠点を持つ。同社は、欧州で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進んだことで、経済が徐々に再開していると考察。また、健康志向の高まりで日本食レストランの需要が増加していると考えており、今後は欧州事業を広げ2020年度に約63億円だったSFGホールディングスの売上高を5年間で100億円まで増やす計画。ロンドン証券取引所への上場も目指す。なお、同社は越境ECを通じた個人向けの食材販売も視野に入れている。

 全国農業協同組合連合会はSFGホールディングスをおよそ10億円で買収していたが、英国の欧州連合離脱を巡る混乱や、新型コロナウイルス感染症の拡大などの影響で売上が伸び悩んでいたとのこと。今後は少数株主として残り、欧州市場での食材輸出の再拡大を目指す。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2019年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5