SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

Facebook、パーソナライズとAI・AR活用強化を発表 WhatsAppへのショップ機能拡大も

 Facebook社はアメリカ時間の6月22日、コマース領域におけるさらなる取り組みとして、ショップ機能や広告ソリューションの拡充、より充実した購買体験を実現するためのテクノロジーへの投資について発表した。

 同社は2020年、新型コロナウイルス感染症の影響で事業をオンライン化するビジネスを支援すべく、FacebookやInstagramにショップ機能を導入。導入から1年強で月間アクティブショップ数は120万、毎月ショップを訪れる利用者の数は3億を超えている。同社は、同機能へさらなる投資を行うと共に、2022年6月までFacebookとInstagramのチェックアウト(決済)機能を利用する出品者への手数料免除を決定。そのほかに、次の取り組みを発表している。

広告による購買体験のパーソナライズ

 Facebook社は、利用者のショッピングの好みに応じてパーソナライズされた広告体験を提供するショップ広告を導入する。利用者の普段の購買行動に基づき、もっとも商品を購入しそうな場所に送客する広告をアメリカでテスト。将来的には、特定の顧客に特別なオファーやプロモーションを提供することで、ビジネスがショップ広告をさらにパーソナライズできる方法を検討している。

未来の購買体験を実現する新たなテクノロジー活用

 ARやAIなどのイマーシブテクノロジー(没入型技術)に投資する同社は、InstagramにAIを活用した新たなビジュアル検索ツールとAR体験を導入。購入前の商品体験・イメージを容易にする。すでにアメリカではAIを活用した新たなビジュアル検索機能のテストを実施し、将来的には利用者がカメラで撮影した画像からもビジュアル検索を利用できるようにする予定。

 なお、ARを活用した試着体験については、ModifaceやPerfect Corp.と共同でビューティ業界のパートナー向けAPIを試験的に導入。LancomeやLaura Mercier、Armaniなど330のビューティブランドが、Instagram上のショップですでにAR体験を提供、今後はインテリアなどの業界への展開も検討する。加えて、既存の広告プロダクトへのAR統合、ARへのカタログ取り込みにも取り組む予定。

AR活用イメージ

 こうした取り組みに加え、Facebook社は一部の国でショップ機能をWhatsAppとMarketplaceにも拡大。利用者がより簡単に、ビジネスのショップにアクセスし、商品を発見できるようにする。また、今後数ヵ月以内にInstagramのチェックアウト(決済)機能に対応する商品に対し、レビューや評価の投稿ができる機能を追加する予定。

 同社は事業者のオンライン化を支援し、利用者により充実した購買体験を提供するため、コマース領域の機能拡充に今後も注力していく方針。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9321 2021/06/24 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング