記事種別

バルクオム、在宅コンタクトセンターサービス『Bewith Digital Work Place』採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/08/08 05:00

 メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」を展開する株式会社バルクオムが、在宅コンタクトセンターサービス『Bewith Digital Work Place』を採用。

 全国で緊急事態宣言は解除されたものの、企業のビジネス環境や人々の消費活動は今もなお制限され、変革の渦中にある。コンタクトセンターにおいては、勤務する従業員の通勤への不安払拭やソーシャルディスタンスをはじめとする新たな生活様式を維持した運営が求められる一方で、外出自粛の動きに伴い、ECサイトや問合せ窓口などBtoCのコンタクトセンターの需要は高まりを見せている。

 バルクオムは従業員の安全を第一に掲げ、コンタクトセンターと自宅の両環境で消費者からの電話対応が可能なハイブリッド型のコンタクトセンター運営を実現するため、クラウドPBX「Omnia LINK(オムニアリンク)」を基盤とした在宅コンタクトセンターサービス『Bewith Digital Work Place』を導入した。

 『Bewith Digital Work Place』は、コンタクトセンター運営に必要なノウハウと、運営上の課題を解消するためのデジタルツールを包括したサービス。在宅環境下でも、高セキュリティデータセンターでの運用や専用アプリケーション利用等によりシステム面のセキュリティを担保、遠隔でもオペレータマネジメントを円滑に行うための管理システムにより、センター運営と変わらない環境を提供する。

 バルクオムではさらに、在宅オペレータは業務の実施基準を満たした環境を保有し、一定期間以上のセンター勤務実績をもつ経験豊富なオペレータのみとすることで、セキュリティと品質の両面を維持している。本サービス導入により、従業員の安心・安全の確保はもとより、近年多く発生している台風や地震などの有事の際のBCP対策も可能になる。また、繁忙期や閑散期に合わせて人員を増減するなど、業務のスケーラビリティを柔軟にすることができ、安定したサービスを提供する。

 バルクオムの担当者は、『Bewith Digital Work Place』を導入した理由を次のように述べている。

 『本サービスを導入したことで、 弊社EC事業において重要な位置付けでもある“お客様窓口の充実化”および“従業員の安心安全を確保”が可能となりました。 「新しい生活様式」における働き方改革への対応が求められるこの時期に、 顧客満足度向上と従業員満足度のために大変寄与しています。 今後も本サービス導入のみに関わらず、 バルクオムでは「新しい生活様式」に向けた更なる働き方改革に取り組んでまいります』



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2019年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5