記事種別

オンワードパーソナルスタイル、F2C事業の第2弾「オーダーメイドウィメンズシューズ」を展開開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/11/06 16:40

 オンワードホールディングスの子会社であるオンワードパーソナルスタイルは、「KASHIYAMA the Smart Tailor」に続くファクトリー・トゥ・カスタマー(F2C)事業の第2弾として、「オーダーメイドウィメンズシューズ」をスタート。11月8日に新規オープンするブランド初の女性専門店「ウィメンズ表参道店」と、リニューアルオープンする「大阪本町店」の直営店舗で展開を開始する。

 靴・履物の小売市場規模は約1兆4,000億円、婦人靴に関しては約3,000億円あると言われているが、“ジャストフィットするサイズ・形がなかなか見つからない”“サイズは合ってもデザインが少ないので好みのものがない”などの消費者の声がまだまだ多い。そんな実態を踏まえ、同社は豊富な素材・デザインバリエーションと、サイズのゲージサンプルにより、顧客ひとりひとりがベストな一足を選べるサービスを展開する。

オーダーメイドウィメンズシューズ

 税抜9,900円からの価格設定で、生産する国内の協力工場から顧客へ直接発送することで、最短1週間で納品を行う。サイズ設定は、足長10サイズ×足囲3サイズの計30サイズを展開。オーダーメイドだからこそ可能な左右異なるサイズでの購入にも対応している。ベースデザイン、素材、ヒールを組みわせることで約30万通りのなかから好みの一足を選ぶことができる。

オーダーメイドウィメンズシューズの購入方法

1. カスタマイズベースを選ぶ

 店頭のデザインサンプルから、好みのベースを選択。ベースデザイン3種類、トゥのデザイン3種類(ROUND-ROUNDは今後展開)、ヒールの高さは1.5cm・3.5cm・5.5cm・7.5cmの4種類、ヒールのデザインは4種類の展開となっている。

2. 素材やカラーを選ぶ

素材は、スウェードやパテント、スムースなど幅広く用意。カラー展開はコーディネートに取り入れやすいベーシックカラーを中心とし、税抜9,900円からのノンレザー22種類、税抜1万8,000円からのレザー22種類のなかから好みの素材を選択することができる。

 

3. サイズを見つける

 靴のサイズは21.5~26cmの足長10サイズ、足囲S・M・Lの3サイズの計30サイズ展開。スタイルガイドのアドバイスのもと、30サイズ×4種類のヒール高=120足のゲージサンプルを試し履きし、自分の足のサイズを見つけることができる。

4. 最短1週間で自宅に納品

 旬のコーディネートを逃さぬよう、国内の協力工場から直接自宅に届くファクトリー・トゥ・カスタマー(F2C)を採用することで、最短1週間の短納期を実現。今後は、2足目以降のECサイト上におけるオーダー受付にも対応していく予定となっている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5