SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ecニュース&人気記事ランキング

2016年度いちばん読まれたEC関連のニュースは? 11位~20位を発表

◆第11位 アフィリエイト市場が増進 2020年には3,500億円規模に拡大との予測も【矢野経済研究所調査】
矢野経済研究所は、アフィリエイト市場に関する調査を実施し、『アフィリエイト市場の動向と展望 2016』として発表した。

◆第12位 米アマゾン、プライム会員向けVISAカードを発表
米アマゾンと米金融機関のChaseは、プライム会員向けのクレジットカード「Amazon Prime Rewards Visa Signature Card」を発表した。

◆第13位 「ショールーミング」vs「Webルーミング」 若い女性ほど、服はネットじゃなくてお店で買う?
店舗で商品を見てネットで買う「ショールーミング」、ネットで選んで店舗で買う「Webルーミング」など、購買に至るさまざまなアプローチについて、ADDIXが調査を行った。

◆第14位 リコー、月額5,000円から使える「多言語通訳サービス」を 7/13から提供開始
リコーは、インバウンド市場向け通訳サービス「RICOH 多言語通訳サービス」を 7月13日から提供する。

◆第15位 Facebookページがアップデート Messengerで商品の直接販売が可能に
Facebookは米国時間の10月19日に、Facebookページのアップデートを発表。日本でも数ヶ月以内に、FacebookページのMessenger機能を使い、[ショップ]セクションに掲載した商品を直接販売できるようになる。

◆第16位 「LOHACO EC マーケティングラボ」、 参加企業の売上成長率は2倍超に
アスクルが立ち上げた「LOHACO EC マーケティングラボ」が第3期を迎え、さらに規模を拡大している。

◆第17位 アマゾン、「プレミアムフライデーストア」をオープン
アマゾンジャパンは、2017年2月24日(金)から開始するプレミアムフライデーに向け、2017年2月17日(金)に「プレミアムフライデーストア」をオープンした。

◆第18位 Google、フォトスキャンアプリをリリース 手軽に写真をクラウドへ
Googleは、印刷された写真のスキャンやシェアを行うことが出来るアプリ「フォトスキャン」の提供を開始した。フォトスキャンは、AndroidとiOSで利用可能。

◆第19位 ビームス、公式サイトとECサイトを統合、 総合的なウェブプラットフォームへ
ビームスは9月中旬に「BEAMSオフィシャルサイト」に直営のECサイト「BEAMS Online Shop」を統合し、スタッフが発信する新コンテンツを展開する。

◆第20位 アリババ「独身の日」、日本は国別流通総額で1位 ユニクロは世界最速で1億元突破
アリババグループが主催する大規模セール『2016 11.11 Global Shopping Festival』が終了。24時間で流通総額は1,207億元(約1.9兆円)となり、前年比約32%増に。国別に流通総額を見ると、日本が1位となった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ecニュース&人気記事ランキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/4536 2021/07/28 17:08

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング