記事種別

10~20代のLINEユーザー、76%が有料スタンプを購入【テスティー調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/03/10 12:00

 テスティーは、同社が運営するスマートフォンアンケートアプリ「TesTee(テスティー)」において10~20代の男女980名を対象にLINEのスタンプ利用に関する調査を実施した。本件はテスティーが2017年1月より開始した、ユーザーのスクリーンショットを利用して調査をする「画像解析メニュー」を活用した調査の第2弾となる。

 テスティーは、同社が運営するスマートフォンアンケートアプリ「TesTee(テスティー)」において10~20代の男女980名を対象にLINEのスタンプ利用に関する調査を実施した。本件はテスティーが2017年1月より開始した、ユーザーのスクリーンショットを利用して調査をする「画像解析メニュー」を活用した調査の第2弾となる。テスティーにおけるユーザーの内LINEを利用する男女980名(10代:478名、20代:502名)を対象に、画像解析ツールおよびユーザーアンケートを用いてLINEのスタンプ利用に関する調査として実施した。

10~20代の76%が、有料スタンプを購入

 まず、アンケートにてLINEスタンプの利用状況を調査したところ、およそ9割の若年層がLINEのスタンプを日常的に利用していることが判明した。さらに、利用するスタンプが無料か有料かについて調査した結果、10代の17.7%、20代の25.9%が「無料のみ利用」と回答。10代、20代のスタンプ利用者の76.8%が、有料スタンプの購入経験があると判明した。

人気スタンプは「ムーンジェームズ」、楽天の「お買い物パンダ」も健闘

 次に、若年層が最近ダウンロードしたLINEのスタンプについて「画像解析メニュー」を利用して調査。収集した該当ページのスクリーンショットを解析し、その情報を元にLINEのスタンプをランキング化した。その結果、10代の1位は22.4%でLINEの「ムーンジェームズ」、20代の1位は23.1%で楽天の「お買い物パンダ」ということが判明した。10代、20代ともに、LINEアプリに標準搭載されているデフォルトスタンプがランキング上位のほとんどを占めている中、楽天の「お買い物パンダ」は10代においても4位にランクインしており、企業が提供しているスタンプの中で利用率が高いことがわかった。

スタンプ利用者のうち、10~20代の93%が企業アカウントと「友達」になっている

 LINEのスタンプ利用者に対し、「公式・企業と友達になってLINEのスタンプをダウンロードしたことがありますか?」と質問したところ、10代の92.6%、20代の94.2%が「ある」と回答。10代、20代全体の93.4%の人が企業や公式アカウントと友達になってスタンプを入手していることから、LINEのスタンプを活用した企業のプロモーションは有効であるとした。

 そのほか、スタンプの保有個数に関する調査では10代、20代ともに「4種類~9種類」との回答が最も多く、10代では43.8%、20代では42.1%。また、10代、20代ともに半数近くの人が10種類以上のスタンプを保有していることも判明した。そして、有料スタンプ購入経験者を対象にスタンプ購入に使用した金額について調査した結果、10代の41.8%、20代の35.2%が500円未満と回答。10代、20代ともに約7割の人がLINEのスタンプを1,000円未満で購入することがわかった。LINEのスタンプは1つ50コイン(120円)から購入できることもあり、その価格の手軽さが若年層のLINEのスタンプ利用率を上げていることが伺える。

【調査概要】
調査主体:テスティー
調査方法:スマートフォンアンケートアプリ「TesTee」を使ったインターネットリサーチ
調査対象:10代、20代前半の男女(TesTee登録会員)
割付方法:10代男女478サンプル、20代男女502サンプル、合計980サンプル
調査期間:2017年2月3日(金)~4日(土)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5