SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

アスクル、「商品環境基準」を策定し商品ごとの環境配慮レベルを独自にスコア化し公表

 アスクルは、「アスクル商品環境基準」を策定し、事業所向け(BtoB)通販サービス「ASKUL」 「ソロエルアリーナ」、一般消費者向け(BtoC)通販サービス「LOHACO」(ロハコ)において、販売しているオリジナル商品の環境配慮レベルを独自にスコア化し公表した。

 昨今、深刻化する環境問題への対策が企業にも求められている。そこで、アスクルでは、顧客やメーカー・サプライヤーの環境配慮商品に関するニーズを捉え、各商品の環境配慮レベルを規格化し、数値としてユーザーに公表するに至ったという。

 まずは、オリジナル商品から商品ごとの環境配慮レベルをスコア化し、商品ページに掲載。このスコアが、ユーザーが環境に配慮した商品を選定する際や、類似商品を環境視点で比較する際のサポートとなる。

 一方で、メーカー・サプライヤーにとっては、環境に配慮した商品開発の取組みを正しくユーザーに知ってもらうきっかけになり、商品の環境配慮レベルを可視化することで、どのように改善に取り組めばよいかを示す指標となる。商品ごとの環境配慮レベルを可視化することで、今後の改善の指標とし、着実に取組みを進めていく。

 今後は、メーカー・サプライヤーの協力のもと、オリジナル商品以外の商品のスコア化も進め、ユーザーが環境配慮視点で商品を選定できるプラットフォームを目指す。

「アスクル商品環境基準」の内容

 「アスクル商品環境基準」には、「容器包装」、「商品本体」、「仕組み」の3つの大分類を設定し、大分類ごとに環境への配慮が認められる基準を定義。「容器包装」および「商品本体」では、個々の商品の原材料や設計について、「仕組み」では、商品を供給または製造するサプライヤーの独自の取組みをスコア化。評価の基準は、「容器包装」11項目、「商品本体」16項目、「仕組み」3項目の全30項目から成立している。これらの評価基準や項目は、外部機関・専門家によるアドバイスを踏まえ検討、策定された。社会が求める環境配慮の視点や要請をタイムリーに取り入れ、今後も必要に応じて継続的に見直しと改善を行っていく。

商品ページでの「環境スコア」の確認方法

 商品ごとの「環境スコア」は、各商品詳細ページの「商品詳細欄」に掲載されている。

 環境スコアは、メーカー・サプライヤーからの情報に基づいて算定するため、情報が入手できない場合は、「スコア未取得」と表示される。また、加点方式のため、満点に対するスコアではないとのこと。

ASKUL ウェブサイト「商品詳細欄」での表示例
ASKUL ウェブサイト「商品詳細欄」での表示例

 なお、商品ごとの採点項目・採点結果は、「アスクル商品環境基準」ページにリストで公開している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11930 2022/10/24 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング