SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

久原本家とヤマト運輸、共創ロジスティクスパートナーシップ協定締結 サプライチェーンを最適化

 久原本家グループとヤマト運輸は、創業200年に向け持続的な成長と持続可能な社会の実現を目指す久原本家の原材料の調達から販売にいたるEnd to End のサプライチェーン全体の最適化に向けた共創ロジスティクスパートナーシップ協定を締結した。

 久原本家は、1893年創業の醤油蔵を起源にもつ福岡県の総合食品メーカーで、福岡県を拠点に全国の販売店舗と百貨店の食品売り場やスーパーなどの流通店舗、公式通販サイトで商品の販売を展開している。また創業200年を見据え、7月14日には、調達元である北海道に新工場を開設し、事業拡大による持続的な成長と持続可能な社会の両立の実現に向け、複数のサプライチェーンの統合と最適化を検討してきた。

 ヤマト運輸は、物流を通じて企業の経営課題を解決し、持続可能な成長を実現するリードロジスティクスパートナーとして、全国100ヵ所以上の倉庫、宅急便・ルート集配(ミドルマイル)などの輸配送ネットワークと在庫管理システムなどを一元管理し、在庫の可視化や適正化によるオムニチャネルの競争力強化、および環境負荷低減など、サステナブル経営に資するサプライチェーンの変革を支援している。

 同協定締結を機に、両社は北海道内のヤマト運輸のミドルマイルネットワークを活用し、北海道新工場の原料調達に関わる物流を構築。また、「販売店舗」・「流通店舗」・「通販」向けの各サプライチェーンを統合し、福岡と北海道の両製造拠点から全国の消費者に向けた商品供給の最適化を進める。通販サイトで購入された商品の配達までのリードタイム短縮、店舗への納品方法の改善によるスタッフの接客時間創出などを通じEXの向上、そして久原本家ポイントサービス会員顧客に対して一層のCX向上を実現する。

同協定において両社が目指す姿
同協定において両社が目指す姿

共創ロジスティクスパートナーシップ協定に関する内容

 持続的な成長と持続可能で多様性が尊重される社会の実現を目指して、地域住民やあらゆるパートナーと一体となったサプライチェーンを構築する考えのもと、次の4点を実行することで合意した。

最適なサプライチェーンの構築

 チャネル・商品ごとで個別最適となっていたサプライチェーンを統合し、福岡・北海道の両製造拠点から全国に向けた最適なサプライチェーンを構築。

タイムリーな供給を実現する物流体制の構築

 全国34の販売店舗および取引のある流通店舗、また公式通販サイトで販売される商品、および工場で使われる原料や資材10,000点超の在庫を一元管理する。特に販売物流においては、チャネル間の在庫を流動化させ、需要や状況に合わせた最適な輸送方法をTMS(Transport Management System/輸配送にかかわる情報をトータルで管理する管理システム)でコントロールし、必要分のみを各拠点・店舗へタイムリーに供給する物流体制を構築。

原材料調達のための効率的なスキームの構築

 ヤマト運輸のミドルマイルネットワークを活用し、北海道・福岡の工場向け原材料調達の効率的なスキームを構築。

持続可能性のあるオペレーションの実行とCO2排出量の削減

 地球環境に配慮した、持続可能性のあるオペレーションの実行と、商品配送にかかるCO2(二酸化炭素)排出量を削減する。

今後の展開

 2022年7月久原本家の北海道工場稼働を機に、原材料調達スキームを段階的に導入する。2022年度より福岡・北海道のふたつの製造拠点から全国に向けた全商品のサプライチェーン統合を順次進めていく。2024年度中には、同協定にて合意された、調達領域を含めた全チャネルの全商品の最適なサプライチェーンの構築を目指す。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11570 2022/07/08 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング