SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

d払いのデータに基づくサービス改善/BASE発送アプリに匿名配送機能

-[Vol.415]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━[PR]━━━━━━━━━━━━━━
◆公式Qoo10がわかる!家電・PC・モバイル・ゲーム オンライン出店セミナー◆
-女性に好評!会員2000万人、強い集客力の総合ショッピングモール
-出店の初期費用0円・月額固定費0円・手数料のみ
◆家電・PC・モバイル・ゲームの責任者が、販売方法や傾向を説明します。
7/26午前10時 申込:  ※無料
━━━━━━━━━━━━━━[PR]━

[0]目次
----------
[1] 今週のホットトピックス
[2] 新着記事一覧
[3] 新着ニュース
[4] 人気ランキング
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』
[6] 配信停止の方法

ニュース・記事配信中! ECzineのソーシャルメディアはこちら
* Twitter : https://twitter.com/ECzine_jp
* Facebook: https://www.facebook.com/eczine
記事のプッシュ通知設定はこちらから


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 今週のホットトピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、ECzine編集部です。
今週のオススメはこちらです。

●「d払い」でNTTドコモが進めるデータの民主化戦略ーー行動分析によりデータに
基づくサービス改善


 アナリティクスツールを提供する米Amplitudeが、5月にイベント
「Amplify 2022」を開催。NTTドコモのウォレットビジネス部長 田原務氏に
会場で、ライター末岡洋子さんがインタビューを行いました。

ニュースはこちらをご紹介。ECは規模や業種で必要な対応が異なりますが、
動きはウォッチしておきたいですね。

●BASE、「かんたん発送App」に匿名配送機能追加
個人やスモールチームが匿名配送可能に


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着記事一覧:6本(7/13~7/20)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆サプライチェーンのDXへ 業界を超えた新しい価値創造を
 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。
オムニチャネルコンサルタントの逸見さんにオムニチャネルについて聞きました。
※本記事は、2022年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.21』に掲載したものです。


◆「d払い」でNTTドコモが進めるデータの民主化戦略ーー行動分析によりデータに
基づくサービス改善
 QRコード決済「d払い」を展開するNTTドコモが、チーム全員がデータを分析する
「データの民主化」を進めている。テラバイト級という大規模なデータを活用し、
ユーザーインターフェイスをはじめとした使い勝手の改善を重ねることで、d払い
の利用増を図るという狙いが背後にある。そこでNTTドコモが使うのが、米Amplitu
deのプロダクトアナリティクスツール (「Amplitude」)だ。同社が5月に米国で
開催したイベント「Amplify 2022」で、NTTドコモのウォレットビジネス部長 田原
務氏に会場で話を聞いた。


◆日本のお菓子の海外向けサブスク「ICHIGO」 ストーリー伝える冊子で日本を旅
する気分も提供
 世界の人々に向けて日本のお菓子他をサブスクリプションで届けるサービスで年
商40億円! 越境ECで苦戦する企業が多い中、成功の秘訣とは? 株式会社ICHIGO
代表の近本あゆみさんにその秘訣を聞いた。


◆アスリートの知見を社会に還元 ウェルネス業界に変革をもたらすTENTIALのデ
ジタル活用
 あらゆるジャンルの「アスリート」の身体を助け、ポテンシャルを引き出す「コ
ンディショニング」を提案。 ※本記事は、2022年6月25日刊行の『季刊ECzine vo
l.21』に掲載したものです。


◆LTV向上とブランド・商品の寿命を伸ばすLINE活用 他社との差別化、ステップ
配信のポイントとは
 ものやサービスが世の中にあふれる現代。1回しか選ばれないブランド・商品と
何度も選ばれるブランド・商品の違いはどこにあるのでしょうか。当連載では、
ブランディングとチャネル活用をフックに、リピートにつなげる顧客対応のありか
たを考えていきます。第4回のテーマは、「LINEで行うCRM」です。


◆魅力的な体験作りに貢献するCDP×LINE活用 顧客の「個」と向き合うDX推進で接
客の質向上へ
 コロナ禍をきっかけに、大きな変貌を遂げたEC業界。利用者の増加とともに、新
たな買い物体験を提供する事業者やサービスが続々と登場している。これらの実現
に寄与しているのが、生活者を中心に据えたマーケティングを行うための顧客デー
タを管理するプラットフォーム「Customer Data Platform(CDP)」だ。日本マイ
クロソフト株式会社はLINE株式会社と共同でMaaSやOMO施策を展開し、進化する流
通・小売業の支援を行っている。両社は2022年6月8日に開催の「ECzine Day 2022 
Summer」にて、「ニューノーマルの生活者体験革新に向けた先進Customer Data Pl
atformとは」をテーマに登壇。日本マイクロソフト 藤井氏、井上氏とLINE 比企氏
の3名によるリレー形式で、CDPの可能性を説いた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みずほ銀行、「J-Coin Pay」による「モバイルSuica」へのチャージ機能提供開
始(07-18)


・クックパッドマート、山梨県産の桃の新たな流通ルートを構築 食品ロスの削減
と低価格での販売を実現(07-17)


・楽天ペイメント、「喫茶室ルノアール」などで「楽天ペイ」アプリの利用が可能
に ポイント二重取りも可能(07-16)


・TikToがコンテンツレベルシステムを導入 フィルターをカスタマイズしてより
楽しめるSNS環境を強化(07-15)


・シタテル、TSIより第三者割当増資による資金調達、資本・業務提携実施
(07-15)


・hey、店舗アプリ作成サービス開始 実店舗とネットショップの顧客管理を統合
するOMO型店舗運営を実現(07-14)


・ZETA、マーケティングソリューション「ZETA CXシリーズ」導入サイトの年間総
流通額が約3兆円に(07-14)


・BASE、「かんたん発送App」に匿名配送機能追加 個人やスモールチームが匿名
配送可能に(07-14)


・PayPayグルメとLINEが連携強化 「LINEで予約」経由でのコース予約が可能に
(07-13)


・アイティフォー、新会社設立で決済代行事業参入 決済ビジネス事業と流通EC事
業経験活かした新規事業戦略(07-13)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 人気ランキング(7/13~7/19)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 「d払い」でNTTドコモが進めるデータの民主化戦略ーー行動分析によりデー
タに基づくサービス改善


●2位 日本のお菓子の海外向けサブスク「ICHIGO」 ストーリー伝える冊子で日本
を旅する気分も提供


●3位 ワークマン、トヨタはなぜUGC創出に成功したか 顧客と距離を縮めるハッ
シュタグ、ビジュアル活用を伝授


●4位 情報発信なしでアパレルは生き残れない 2002年からEC展開する林商店が直
近10年以上抱く危機感とは


●5位 LTV向上とブランド・商品の寿命を伸ばすLINE活用 他社との差別化、ステ
ップ配信のポイントとは


<ニュース>

●1位 みずほ銀行、「J-Coin Pay」による「モバイルSuica」へのチャージ機能提
供開始


●2位 クックパッドマート、山梨県産の桃の新たな流通ルートを構築 食品ロスの
削減と低価格での販売を実現


●3位 シタテル、TSIより第三者割当増資による資金調達、資本・業務提携実施


●4位 東南アジアの化粧品市場は前年比3.7%増 EC中心に通販チャネルが伸長/T
PCマーケティングリサーチ


●5位 hey、店舗アプリ作成サービス開始 実店舗とネットショップの顧客管理を
統合するOMO型店舗運営を実現


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 季節に一度の雑誌『季刊ECzine』を試し読み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ECzine編集部では、2017年6月から
季節に一度の紙の雑誌『季刊ECzine』を刊行しています。

最新号の特集はこちらです。

●季刊ECzine 第21号
『Roads to 2025
~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~』


なお、過去20冊分の記事をウェブに再掲載した「プレミアム記事」が
Amazon Payでもお読みいただけるようになりました。
よろしければお試しください。

●『季刊ECzine』掲載記事がウェブでも読める!ECzine Premium


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/ecz?token=&utm_source=22321&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/ecz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 ECzine編集部
(c)2013 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

PR

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング