SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

5分でわかる EC物流の勘どころ

ミスを指摘する場ではなくすくい上げる場に 物流現場最後の砦、検品・梱包~出荷の勘どころとは

 EC運営を円滑に進めるためには、顧客の目には触れない裏側の部分まで整備を行うことは必須。とくに物流の環境整備は、顧客へ商品を届ける過程においては非常に重要度の高い項目であるにもかかわらず、なかなか手が回っていない方もいるのが現実ではないでしょうか。当連載では、フェリシモでECと物流に携わる市橋さんがECに特化した物流の勘どころを紹介。第4回は「検品・梱包」と「出荷」のポイントをお伝えします。

人間は間違いをする生き物 他者の確認でミスをすくい上げよう

 前回の記事では、在庫引当を経て注文が入った際に行う「伝票発行」と「ピッキング」の勘どころをお伝えしました。今回は、次の図の緑色の部分「検品・梱包」と出荷のフローで押さえておきたいポイントを解説します。

 当連載を読んでいる方の中には、「検品」という言葉が2回めの登場であることに気づいた方もいるのではないでしょうか。図にもあるように、物流現場では入荷時にも検品作業が行われています(おさらいしたい方は、連載の第1回をご覧ください)。

 しかし、入荷時の検品作業は入荷予定の品物と数量が合致しているかを確認するもの。今回ご紹介する「検品・梱包」のフローで行われる「検品」は、顧客が注文した商品をピッキングした後、注文内容とピッキング商品に相違がないかを確認する作業となります。ピッキングのフローを整備し、間違いを防ぐことも大切ですが、人が作業する以上、どんなに気をつけていても間違いを完全になくすことは困難です。そのため、梱包前にきちんと検品するフローを整えることも欠かせません。

 今回は、WMS未導入のケースを想定して解説します。WMSを導入すれば、誤ピッキングやピッキング点数不足時に端末からアラートを出すことができるため、比較的容易に間違いを減らすことが可能です。しかし、導入にはコストがかかりますので、ブランド立ち上げ当初や事業規模が小さい企業の場合は、WMSを使わずに注文リストをCSV出力し、目視でピッキングしているケースが多いと思います。そのため、「間違いは当然起こり得る」という認識で、検品作業のフローを確立することが大切です。

 検品で間違いを見つけるコツは、

  • ふたりで確認する
  • 人間の発想と逆のフローで確認する

のふたつにあります。人間の特性として、ピッキングした人は「自分は正しい商品・点数をピッキングした」と思いがちです。実際に、9割がたは正しいのでしょう。しかし、日々現場で働く人にとっては何十件、何百件とある注文のうちたった1件の間違いでも、顧客からすれば「自分の注文が間違っていた」と、企業・ブランドの印象を阻害する大きな要因になってしまいます。そのため、先入観を取り除いてチェックし、間違いがなければ互いを労う、間違いを見つけた場合は「顧客に届ける前に気づくことができてよかった。ありがとう」と感謝し合える体制を構築しましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
検品フロー整備は顧客に商品を届ける最後の砦

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
5分でわかる EC物流の勘どころ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8947 2021/03/19 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング