記事種別

EC需要が増える今こそ見直したい物流運用フロー 入荷・検品から入庫の基本をおさらいしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC運営を円滑に進めるためには、顧客の目には触れない裏側の部分まで整備を行うことは必須。とくに物流の環境整備は、顧客へ商品を届ける過程においては非常に重要度の高い項目であるにもかかわらず、なかなか手が回っていない方もいるのが現実ではないでしょうか。当連載では、フェリシモでECと物流に携わる市橋さんがECに特化した物流の勘どころを紹介。第1回は「入荷・検品」と「入庫」のポイントをお伝えします。

 こんにちは、フェリシモの市橋です。当連載では、EC物流に携わる皆さんのトラブル予防や課題解決のお役に立ちそうな「ものの流れ」と「情報の流れ」に関するポイントをお伝えしていきます。これから新しくECを始める方、以前から取り組んではいるものの改めて物流整備を行いたいという方のお役に立つことができればと思います。

EC物流に欠かせない「もの」と「情報」の流れ

 まずは、EC物流の基本とも言える「ものの流れ」をご説明します。次のフロー図の左側をご参照ください。

 EC物流のフローは、商品が物流倉庫に届く「入荷」からスタートします。届いた商品を「検品」し、受け取った後に倉庫の棚に在庫を保管する「入庫」作業が行われ、入庫した商品は保管され「在庫」として反映されます。つまり、ECや実店舗からの発注に引き当てられる状態です。

 ECや実店舗から注文が入ると、「伝票発行」が行われます。物流倉庫のスタッフは、発行された伝票に基づいて倉庫内の商品を「ピッキング」し、「検品・梱包」した上で顧客や実店舗に商品を「出荷」します。このようなフローを経て、私たちの元に商品は届いているのです。

 連載第1回の今回は、上記フローの緑色の部分「入荷・検品」から「入庫」における重要ポイントを解説しますが、その前にもうひとつ、EC物流を理解する際に欠かせない要素をお伝えできればと思います。それは「情報流」です。

 EC物流の各フローには、上図右側のように必ずデータ(情報)が付随します。EC化が進み、物流需要が増加する中でIT化、DX化が求められているのは、こうしたデータを正確にかつ効率的に扱うためでもあります。連載の各回でフローに則った物流・情報流の運用ポイントもお伝えしていきますので、ぜひ頭の片隅に置いていただければと思います。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2013年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5