SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

“つながる”フルフィルメント

アクセスはマルチ、対応は一貫を求める顧客と「強い関係」を築く これからの“つながるフルフィルメント”とは


フルフィルメントの最新動向についてわかりやすくお届けします。

受注~決済まで、フルフィルメントは単一システムで

 従来、受注・出荷・配送・請求・決済という業務は、管理プロセス的にも、システム的にも分断されていました。しかし、フルフィルメントという概念においては、これらの業務を統合的に管理し、単一のシステムとして運用することが重要とされています。

 日夜変化する大規模モールのフルフィルメント戦略に依存せず、環境変化や情勢に対し、迅速に適応・進化させていく事業体制を構築する必要があるのです。

 これからのフルフィルメントとは、“業務のつながり(機能横断的な業務のつながり=業務連鎖)”“データ(顧客、商品)”の視点を持つ、管理運営業務全体を指し、特に流通業の企業活動に必要不可欠である“つながり(コア・プロセス)”を担っていきます。

 第2回(「データ」を意識してフルフィルメント委託していますか?失敗事例に学ぶ再構築のポイント)でもお話ししましたが、現在このフルフィルメントは、販売チャネル・受注チャネルの多様化により変化にさらされています。

なぜすぐオムニチャネルに対応できないのか

 既存の情報システムで、多様な顧客接点や各販売チャネルを横断して、顧客情報や購買履歴を共有できる仕組みがあるのは大企業くらいでしょうか。店舗とネットの販売チャネルを統合し、在庫の引当ができる企業は、日本には数十社しかないと思います。

 顧客情報の共有や、販売チャネルの枠を超えた横断的な在庫引当ができない原因は、既存の情報システムが販売チャネルごとに設計・構築されてきたことにあります。このため、販売チャネルを横断して業務や情報を連携させることが非常に難しくなっています。

 受注チャネルは、従来の形態(電話やFAXなど)に加え、EDIやネットなど販売チャネルが増えたため、受注形態が多様化しています。注文のタイミングはチャネルごとに違いがあります。

 商品が在庫されている倉庫は現在統合が進められているため、商品の出し口は少なくなっています。在庫量の適正化も大きな課題としてとらえられているため、今までのように、全ての店舗・倉庫に全ての商品があるという状況はそれほど多くないでしょう。

 受注チャネルが増え、一方で商品の出し口が店舗にも跨がり、そのうえ在庫量も少なくなっているため、受注をどこで締めて、どこから商品を出すか、これまで以上によく考えないと効率的な運用ができないのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
データに視点を置いたシステム構築が必要

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
“つながる”フルフィルメント連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社PAL 代表取締役 辻有吾(ツジ ユウゴ)

夜間大学に通いながら様々な職種を経験し、卒業後は大手通信機器関連会社に入社。若くして部長に昇進するも、社長になる目標に向け3年で退社。2000年、物流業界に特化したPALを設立。その後、PALグループとして物流、ITのグループ会社2社を持ち、E-コマース市場にフルフィルメントサービスを展開している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/535 2014/10/27 17:30

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング