記事種別

中級者向けAmazon売上アップ[1]購入者、商品に対するレビュー対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

すでにAmazonに出品しているけれど、もっと売上げを伸ばしたい!というEC事業者さんのために、必勝ノウハウをお届けします。今回は、消費者の購入を後押しする「レビュー」について。

購入への影響が大きいレビュー、どのモールもセンシティブ

 楽天市場、Yahoo!ショッピングともに、「購入時にレビューの書き込みを依頼する」「評価を高くするように依頼する」などの行為は、ガイドラインで禁止されています。

 レビューの多い商品が、モール内検索で上位表示される時期がありましたので、出店者は「レビュー大賞」などレビュー獲得のため、あの手この手と必死でした。

 現在は、お客様に対して、商品の引き渡し前にレビューの書き込みを求めたり、出店者にとって有利な評価を求めるなどの行為は、お買い物レビュー本来の機能を損なうとして禁止となっています。

 Amazonにおいても同様、評価について違反行為を規制するガイドラインがあるのでチェックしてみてください。

レビュー1:「購入した出品者への評価」とは?

 Amazonでは、「購入した出品者の評価」と「購入商品に対するカスタマーレビュー(商品評価)」との2種類の評価があります。まずは、出品者への評価を見ていきましょう。

 購入者は、出品者から商品を購入するかどうかの判断を下す際に、出品者への評価を調べます。出品者に対する評価が多く、高い評価を得ている出品者は「安心して購入できる実績ある出品者」として信頼されます。

 Amazonでさらに売上を上げるには、購入者からの高い評価を維持することが大切です。もし低い評価を受けた場合は、原因を直ちに究明し、適切な手段を講じる必要があります。

「購入した出品者への評価」を管理する

 Amazon評価管理は、星の5段階評価(評価レベル)が表示され、さらに、注文への対応に関する次の3つの質問に対する購入者からの回答が含まれます。

  • 予定通りの配送
  • 説明通りの商品
  • カスタマーサービス

 購入者が評価を残すことができるのは、注文後90日以内で、評価を削除できるのは送信後60日以内に限られます。なお、Amazonは、Amazonのポリシーに従って、その条件に当てはまる場合に評価を削除できます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:中級者向けAmazon必勝法

もっと読む

2017年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5