SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「持続的な購入」を目指すCRO

「稼ぐ」サイト内検索エンジンを導入する、4つのポイント ECサイトの本当の「モバイルフレンドリー」とは


「持続的な購入」を目指す、コンバージョン率最適化=CROについて解説していきます。第8回は 、「稼ぐ」サイト内検索エンジンを導入するための4つのポイントです。

「稼ぐ」サイト内検索エンジンでライバルに差をつける

 オムチャネルでリードする「カメラのキタムラ」では、コールセンターに実店舗の元店長・店員を配置していると、EC事業部長の逸見光次郎さんに伺いました。お客様以上にマニアな元店長らが、嬉々として答え、受注しているわけです。コストセンターでしかなかったコールセンターを、プロフィットセンターに変革させたと言えるでしょう。

 この成功事例が目から鱗なら、サイト内検索も全く同じです。検索エンジンをコストとして考えるのではなく、売上と利益を稼ぎ出すエンジンとして捉えてください。「優秀な店員」なら、必ず稼ぎます。

稼ぐ検索エンジンにするには(1) 学習する検索エンジンを採用せよ

 家電量販店のECサイトで、「iPhone」で検索したにもかかわらず、「アクセサリーばかりが上位に表示される」とは、昔からよく聞く例ですね。実店舗で新入社員が、「iPhone」が欲しいと言っているのに「iPhoneケース」をご案内したらどうでしょう。勉強が必要ですね。

iPhoneで検索したA社の表示は、スマホアクセサリーばかり

クリックすると拡大します(以下同)

 検索エンジンも同じです。はじめから完璧な検索エンジンはなく、学習させていくものです。例えば、ある検索フレーズに対して、商品Aと商品Bが表示し、どちらのCTRが高いかを計測し、より高いものを上位表示する。そのA/Bテストの繰り返しが、ITシステムの中で行われています。

iPhoneで検索したB社の表示は、iPhoneがしっかりと上位に

クリックすると拡大します(以下同)

 技術的な話をすれば、SLI Systems社の「Learning Search」では、こういった概念を特許技術として実装し、CTRや売上の向上に大きな改善をもたらしています。

※本コラムでは、検索の精度についてわかりやすくするため、上記を例示しました。現実では、家電量販店において、iPhoneは店頭販売がキホンです。それを踏まえると、「iPhone」のサイト内検索結果の最適な表示は、ネットショップ内に閉じるか、実店舗へ誘導するかオムニチャネル戦略で考える必要があります。

稼ぐ検索エンジンにするには(2) レコメンドと連携でパーソナライゼーション

 学習の次の課題は、パーソナライゼーションです。単なるリピーターからもう一段上のロイヤルカスタマーに引き上げるには、「お馴染み」のコミュニケーションが必要です。

 ECサイト内検索では、レコメンド・エンジンと連携させることで実現できます。ただし、現状は、検索エンジンとレコメンド・エンジンが異なるベンダーから提供されたり、同じベンダーでも商品データの共有くらいしかできていません。今後のベンダー側の改善に期待しましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Googleのモバイルフレンドリーは、サイト内検索が決め手

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「持続的な購入」を目指すCRO連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社インフォプラス マーケティングソリューション部 シニアコンサルタント 佐藤英俊(サトウ ヒデトシ)

インフォプラスでは、カジュアル担当。衣料品産業専門ということではなく、人間が形式ばっていないという意味である。「ABテスタ」の生みの親でもあり、モノ作りや新規事業に経験が深い。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1875 2015/05/28 10:33

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング